大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    2013年…今年もヨロシクお願いしますニャ〜^(=・ェ・=)^ニャン♪
    2013/01/04 12:55

     三が日も終わり今日から仕事という方も多いんじゃないでしょうか?

     今日が48回目の誕生日の私も初出でして、しかもしょっぱなから宿直なんです…(^_^;)

     出勤前にブログを更新しようと思ったのですが、三が日の間は初詣にすら出掛けておらず、外食記事のストックもないので、今回はわが家のネコたちの写真を載せさせてもらいますね。

     きららは12歳の女の子。

     スゴク甘えたで大人しい子なんですけど、なぜか他の子たちから追いかけられるんですよね…(汗)



     特にトイレ中を襲われるので、人間が居ない時はオチオチ用も足せないみたいで、時々安全地帯の食器棚の上にウ●チをしてることが…(^_^;)



     べるも12歳の女の子で、“きらら”とは姉妹なんです。



     寂しん坊なのでいつも誰かに寄り添って寝ています。







     時々イヤがられたりしてますけど…(笑)



     ぼんは10歳の男の子。

     メチャクチャ甘えたで、いつも人間にピッタリくっついてます。



     うりは6歳の女の子。

     子猫の時は一生寝たきりになるって言われたぐらい、脳にダメージを受けたのに奇跡的に回復して、今は遊びたい時には自分でオモチャを持ってくるぐらい元気です♪



     ぼんとも仲良しで、よく一緒に寝てるんですけど…



     何が気に入らないのか、スグに興奮して怒り出すんですよね…(^o^;)



     めいは8歳の女の子。

     普段は愛想なしなんですけど、ベランダと風呂場でだけはベタベタの甘えたになって、撫でるのを止めると途端に怒り出すんです…(笑)



     ちびは8歳の男の子。

     他の誰とも気が合わず、特ににゃんたと大喧嘩をしてしまうので、一人だけ別にしてるんです。



     そのにゃんたは4歳の男の子。

     大きい図体をしているのにビビリで、チョット物音がすると一目散に逃げていくぐらい弱虫なんです…(笑)

     ちびも恐がりだから、お互いに攻撃してしまうんでしょうね〜



     ころんは3歳の女の子。

     私にはあんまり懐いてなくて、なかなか傍に寄ってきてくれなかったんです。

     最近は少しマシになってきて、撫でさせてくれるようにはなりましたけどね♪



     にゃんたとは夫婦のように仲良しで、いつも一緒に行動してるんですよ。



     ぴあのは1歳の男の子。

     去年の4月にウチに来た時には、ケージからなかなか出て来れなかったんですけど、今やスッカリ慣れたみたいで、我が物顔で他の子たちを追い回しています…(^o^;)



     態度も大きくなりましたわ…(爆)



     アホなことばっかり書いてるブログですけど、面白いなぁ〜って思ってもらえたら、下の2つのランキングをポチッてして応援してやってください。

    人気ブログランキングへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      535サイト中 25位(↓)

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      761サイト中 21位(↓)

    ★地域別検索はこちら→
    [リンク]

    【2013/01/04測定記録】
    ◆体重
     79.85kg
    ◆BMI
     26.8
    ◆体脂肪率
     23.4%
    ◆筋肉量
     58kg
    ◆推定骨量
     3.2kg
    ◆内臓脂肪
     14レベル
    ◆基礎代謝量
     17.6kcal
    ◆体内年齢
     44歳
    ◆体水分率
     54%

     昨日は朝にペットシッターに行ったきり、夜中まで延々と飲み続けちゃったんで、体重は550g増えてしまいましたけど、今日から仕事なので徐々に落していけると思います…(笑)


    0

      せんせい…見送りました。
      2012/11/02 20:00

       10月31日(水)の夜8時55分に息を引き取った“せんせい”を、今日の午前中に霊園に連れて行って荼毘に付してきました。

       霊園に向かう前にずっとお世話になってた“ねこの病院”にも連れて行き、獣医さんと病院に最後のお別れもしてきましたよ。



       いつも病院に入る時には「にゃあ〜ん♪」と大きな声で挨拶してた“せんせい”も、今日は無言での対面になってしまいましたけど、獣医さんに『よぉ〜頑張ったね〜』『毛もまだツヤツヤでキレイやなぁ〜』『本当に良いお家に飼われたなぁ〜』って撫でてもらって、“せんせい”もきっと喜んでいたと思います。



       斎場に読経のテープが流れ、お焼香を済ませてからの最後の別れは、いつもながらに本当に辛くてこのまま家に連れて帰りたくなってしまいます。



       もしかしたら「ふぅ〜」って息を吹き返すんじゃないかって…

       だから火葬炉に点火される時が一番辛いんです…

       火葬のあと骨だけになった“せんせい”を見ると、まるで子猫のように小さくて、他の子たちと違ってほとんどのお骨を骨壺に納めることが出来ましたわ。

       黒ずんでいる部分も多くて、たぶん体のアチコチに尿毒症の毒素が回ってたんだと思いますけど、“せんせい”は最後の最後まで気丈に振る舞っていたんですね。

       大袈裟じゃなくて本当に人間の言葉を理解して、気持ちを汲み取ることが出来る子だって思っていたので、きっと私たちに心配かけまいとしてたんだと思います。

       まだまだ介護する気マンマンでいてたので、何だか気持ちにポッカリと穴が開いたみたいですけど、もう頑張らなくてよくなったんやね…って思うようにして、あの世で再会する日を楽しみに、また明日から頑張ろうと思います。



       良かったら下の2つのランキングをポチッてして応援してやってください。

      人気ブログランキングへ[クリック]
       記事アップ時点の順位
        601サイト中 22位(↓)

      にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
       記事アップ時点の順位
        750サイト中 15位(→)


      0

        せんせい…虹の橋を渡りました。
        2012/11/01 16:34

         わが家の最長老ネコ「せんせい」が、昨夜の20時55分に20年の猫生を終え、天国へと旅立ってしまいました。



         せんせいがいつも傍にいた19年の歴史は、私たちにはあまりにも大きすぎて、今はまだ心の整理がつきません。

         本当に色んな思い出が、次から次へとあふれてきます。

         また気持ちが落ち着いたら、改めて「せんせい物語り」を書こうと思っています。

         今はただただ尿毒症の苦しみから解放されて、すやすやと安らかに眠ってくれていることを願っています。




        0

          わが家のネコたちを紹介しま〜す♪
          2012/08/24 13:13

           1994年からこれまで18年の間に、30匹の野良ネコを保護してきましたけど、残念ながらその内の20匹の子は、さまざまな病気を患って、あの世へと旅立ってしまいました。

           でも今でもまだ10匹の子たちは、元気にわが家の柱や敷居を、その鋭い爪でガリガリ削ってくれてるんです…ヾ(o´▽`)ノ゙ギャハハ♪

           今日はその子たちを紹介したいと思います。

          せんせい 1992年生まれ 20歳 女の子


           1992年に結婚した私たち夫婦の前に突然現れ、それから彼是もう20年の付き合いになる長老ネコで、恐らく人間の子供ぐらいの知能はあるんじゃないの?ってぐらい、メチャクチャ頭が良くて、気配りが出来る子なんです。

           あまりにも賢い子で、私も多くのことを学ばせてもらえるような気がしたので、「いなかっぺ大将」の“ニャンコ先生”から取って、「せんせい」と名づけたんです。

           当時はハイツで暮らしてたんですけど、この子の面倒を見るために、生涯持ち家を持たないという信念を曲げて、今のこの家を買ったんですよ…(笑)

           人間に換算すると大体96〜105歳ぐらいと、かなりの高齢なので、足腰もだいぶ弱ってきて、耳も遠くなってきています。

           腎臓も悪くなっているので1週間に1度は、病院で点滴を受けてます。

           でも人間が冷蔵庫を開ける度に『何か美味しいもん当たるんか?』とでも言いた気に、毎回必ず近寄ってくるほど元気なんですよ…って、もしかしてこれって認知症なんかな…(-ω- ?)

           最近は夏バテか、はたまたクーラー病か、チョット食欲が落ちて心配なんですけど、これを書いてる間も、私の膝の上にベッタリ乗っかってるので、涼しくなったらまた元気になってくれると思います。

          べる 2000年5月生まれ 12歳 女の子


           家の近くのフェンスに囲われた空き地に、3匹で捨てられてたうちの1匹なんです。

           とにかく食欲が旺盛な子で、毎朝メチャ早くから『メシ食わせろ〜!』って、大きな声でワーワー鳴いて起こしてくれるんですよ…(-∀-`; )

           それにものすごく甘えたで、亡くなった「ぴぃ」や「ちゃちゃ」にいつも寄り添ってましたわ。

           最近は「せんせい」に甘えさせてもらってるみたいです…((・´∀`・))ンフッ♪



          きらら 2000年5月生まれ 12歳 女の子


           「べる」や5歳の時に肺ガンで亡くなった、「くろのすけ」と一緒に保護した子です。

           戸袋の板を押し上げて屋根裏に侵入したり、ベランダから隣の家の屋根に飛び乗って下りられなくなったり、とにかく冒険心の強い女の子ですわ…(´-ω-`;)ゞポリポリ

           なぜか他の子に追いかけられたりする、いじめられっ子なんですけど、人間を楯にして強く明るく生きてるんです〜♪



          ぼん 2002年6月25日生まれ 10歳 男の子


           玄関先に拵えた外猫ハウスで生まれた子です。

           一緒に生まれた兄妹の「みるく」は3歳5ヶ月で、「だりあ」は4歳で、「ちゃちゃ」は9歳8ヶ月で、虹の橋を渡ってしまいました。

           甥っ子の「にゃんきち」も8歳10ヶ月で早逝していて、体の弱い血筋が心配なんですけど、今のところは「きらら」を追いかけ回したり、夏になるとベランダでセミを捕まえたりして元気です。

          ちび 2004年3月生まれ 8歳 男の子


           勤務先の前にある公園の電話ボックスに、雨の日にダンボールで放置されてた西宮っ子です。

           「にゃんた」と反りが悪くケンカばかりして、追い詰められた戸袋から出て来れなくなるので、1匹だけケージに隔離してるんです…(。・人・`。))ゴメンネ

           私の顔を見ると一応『フーッ!!o(`Д´*)o』って唸るんですけど、撫でなでするとゴロンゴロンと甘える変わった子です…(笑)

           何とかケージから出してあげられないかと、ひとつの部屋をパーテーションで仕切って、「ちび」専用の部屋を作る予定なんですよ。

          めい 2004年4月生まれ 8歳 女の子


           この子も「ちび」を保護した公園のトイレで、「ちび」の1ヶ月後に保護した西宮っ子なんです。

           雨の日に公園の前を通ると、子猫の必死な鳴き声が聞こえたんで、声のするトイレを覗いてみると、大きなカラスに襲われそうになってたのを、間一髪のところで救うことが出来たんですよ。

           メチャクチャ甘えたなのは良いんですけど、撫でているとその内に興奮してきて、怒ったみたいに噛み付いてくるのが要注意な子です…(笑)

          うり 2006年3月生まれ 6歳 女の子


           玄関先の外ネコハウスで生まれた子で、そのまま他の兄弟と一緒に外で暮らすはずだったんですけど…

           ある日、体にくっついたガムテープにパニックになって、狭い排水溝を走り回った時に頭を打ってしまったんです。

           病院に連れて行ったんですけど、たとえ一命を取り留めても、恐らくこのまま植物状態になってしまうでしょう…って言われましてね。

           でもそれから驚異的な回復力を発揮して、今では動けなくなるって言われたことがウソのように、自分の好きなオモチャを持って来ては、『遊んでぇ〜!』って甘えています…d(*^v^*)bヤッタネェ♪

          にゃんた 2008年生まれ 4歳 男の子


           知り合いから里親探しを依頼されたものの、見つからずにウチで保護することになった子なんです。

           子猫の時から右目の涙腺が狭いので、スグに目の下が汚れてしまうんです。

           カリカリ以外のものは食べないのに、メチャクチャ大きく成長してしまって、最近はちょっとダイエットさせないと…って思うぐらいなんです。

           それだけ図体がデッカイのに、気は本当に小さくて、チョットした物音にもビクビクしてる情けない子です…(´_ゝ`)クッククク・・

          ころん 2009年9月生まれ 3歳 女の子


           相方がペットシッターの仕事で、お客さんのイヌを散歩させてる途中で保護した子です。

           私にあんまり懐いてくれなくて、前は近づいただけで逃げてたんですけど、最近はチョット馴れてくれたみたいで、撫でなでしても逃げなくなりましたわ…ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

           「にゃんた」と大の仲良しで、いつも一緒に行動してるんですよ。



          ぴあの 2011年6月生まれ 1歳 男の子


           私の悪友の知り合いが、脚を動物用のワナに挟まれて、骨折してたのを保護して手術したらしいんですけど、そのお宅では飼えないと言うことで、里親探しを頼まれたものの見つからず、結局ウチで保護することになった子なんです。

           最初はものすごく警戒していましたけど、最近は相方にはスリスリするぐらい懐いています。

           私にはまだ自分の気の向いた時に、ソーッと体を擦りつけてきたり、ソファの上だけで撫でさせてくれるぐらいで、それ以外の時は基本的に逃げられてしまいますけどね…ヾ(´Д`;●) ォィォィ

           以上、わが家に同居する10匹の子たちの紹介でした♪

           みんなが健康で長生き出来るよう、母ちゃんと父ちゃんは毎日仕事に精を出してます…(( ≧▽≦))ノ゙ ダァ-ッ♪


           アホなことばっかり書いてるブログですけど、面白いなぁ〜って思ってもらえたら、下の2つのランキングをポチッてして応援してやってください。

          人気ブログランキングへ[クリック]
           記事アップ時点の順位
            605サイト中 18位(→)

          にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
           記事アップ時点の順位
            728サイト中 15位(↓)

          ★地域別検索はこちら→
          [リンク]


          0

            ちゃちゃ…にゃんきちのあとを追って逝きました
            2012/02/21 21:15


             2012年2月20日(月)午前0時50分。。。腎臓機能の低下による尿毒症で9年7ヶ月のニャン生に幕を下ろしました。

             “ちゃちゃ”は外ネコたちの為にこしらえたネコハウスで、2002年6月25日に“ぼん”“だりあ”“みるく”の4兄妹で生まれました。

             自分で歩けるぐらいになると私たちが玄関の戸を開けて出入りする度に、ズンズンと勝手に家の中に入ってくるような本当に人懐っこい子でした。

             翌年の2003年4月に“だりあ”が生んだ子を、同居ネコが食べてしまうという事件をきっかけに、生き残った赤ちゃんネコ“にゃんきち”と一緒に、4兄妹みんなを家の中で保護してウチの子になったんです。

             本当におっとりした子で、一番大きかった5歳ぐらいの時には6.5kgもあった体格のガッシリした子でしたけど、他の子とケンカすることなんて一度もなかった気持ちの優しい子でした。

             とにかく甘えん坊で、私たちのヒザの上が自分の寝床だと思っていたぐらい、いつも人間にベッタリな子でした。

             病歴としては膀胱炎に2度かかったぐらいで元気に過ごしていたんですけど、7歳半を過ぎたあたりから徐々に痩せ始めたので、血液検査をすると腎臓の機能が少し低下しているとの診断結果でした。

             でもその時はまだ治療を開始するほどのことではない、と言うことだったんですけど、去年2011年の1月に風邪をこじらせて、それが原因かどうかは分かりませんけど、かなり大きなてんかん発作を起こしてしまいましてね。

             3日もの間病院で生死の境をさまよい、一度は私たちも別れを覚悟したんですけど、何とか一命を取り留めて帰って来てくれたのもつかの間…

             今度は腎臓の状態が悪くなってるとのことで、リンを吸着してウンチと一緒に体外に排出する薬を、朝と晩に服用することになったんです。

             服薬治療を始めて半年後の去年秋ぐらいには、体重も300g戻って少し安心していたんですけど、年末あたりから食が細くなり、2日置きの輸液が欠かせなくなってしまって…

             18日の土曜日から頻繁に嘔吐するようになったので、19日の朝に入院して静脈に点滴を入れて何とか持ち堪えて欲しいと願ってたんですけどね。

             夕方に「もしかしたら危ないかも知れないです…」と病院から電話があり、宿直の私の代わりに相方が迎えに行って、家で点滴を続けながら様子を見てくれていたんですけど…

             その日の深夜1時前、仕事をひと段落させてパソコンをいじっていた私の携帯に、

            『ちゃちゃアカンかったわ』

            と相方からのメールが入ったんです。

             峠を越えてさえくれたら、翌朝は私が半休を取って通院させる段取りをしていたんですけどね…

             先週の日曜日に“にゃんきち”を白血病で亡くしたばかりで、まだその悲しみからも解放されていないのに…

             いつも傍に居てた甥っ子の“にゃんきち”を探しに行ったんかな?

             それともおバカで家の中でも迷ってた“にゃんきち”のことが心配で、叔父として様子を見に行ってくれたんかな?

             ちゃんと“にゃんきち”を見つけて、一緒に天国に連れて行ったてや…



             携帯の小さい写真は見にくいですけど、みんなから愛されていた“ちゃちゃ”の姿を見てやってくださいね。

             生まれてから10ヶ月を外で過ごしたので、子猫時代の写真が無いのが残念です。

            2003/03/19(8ヶ月)
             まだウチの子にしたワケでもないのに、勝手に家に上がりこんでくるんです…当然“ちゃちゃ”という名前もまだの時でした(^o^;)


            2003/04/15(9ヶ月)
             ウチの子として保護した日でしたかね…このとき初めて“ちゃちゃ”と名づけたんです。


            2004/05/09(1歳10ヶ月)
             保護したばかりの“ちび”の面倒もよく見てくれました。


            2008/04/21(5歳9ヶ月)
             暖かい日はベランダでボーっと過ごすのも好きでしたね。


            2008/04/27(5歳10ヶ月)
             性格は真逆でやんちゃくれの“ぼん”とも本当に仲良しでした。


            2008/04/30(5歳10ヶ月)
             この頃は6.3kgぐらいありました。


            2008/04/30(5歳10ヶ月)
             左から“ちゃちゃ”、兄弟の“ぼん”、甥の“故にゃんきち”


            2008/05/03(5歳10ヶ月)
             “ちゃちゃ”の周りにはいつもみんなが集まっていました。
             黒い子は“故ぴぃ”ですね。


            2008/07/16(6歳)
             となりのトトロか…(笑)


            2008/08/10(6歳1ヶ月)
             電動の給水器がきた時も、他の子は警戒してたのに“ちゃちゃ”は最初からぜんぜん平気やったね。


            2008/08/27(6歳2ヶ月)
             名前を呼んだら必ず振り向いてくれた賢い子でした。


            2008/10/26(6歳4ヶ月)
             寝る時はいつも何かを枕にしてたなぁ…父ちゃんの腕やお腹も…


            2009/01/25(6歳7ヶ月)
             “ぼん”も枕に…(笑)


            2011/08/30(9歳2ヶ月)
             どんな夢を見てたんやろ…


            2011/09/05(9歳2ヶ月)
             大きなアクビやなぁ〜


            2011/10/08(9歳3ヶ月)
             今はもう“ぼん”しか残ってないね…


            2011/11/12(9歳4ヶ月)
             “きらら”からも愛されてたね。


            2012/01/11(9歳6ヶ月)
             いつも“にゃんきち”の傍に居てくれてたね。


            2012/01/31(9歳7ヶ月)
             何を想ってたん?


            2012/02/16(9歳7ヶ月)
             亡くなる4日前…この時はまだこんなに早く別れがくるなんて思ってなかったのに…


            2012/02/21(火)午前11:00


             虹の橋を渡りました…



            0

              にゃんきち…虹の橋を渡りました
              2012/02/14 23:30


               2012年2月12日(日)午後8時31分…相方と私が見守るなか、8歳と10ヶ月の生涯に幕を下ろし天国に旅立ちました。

               午前中にはよろけながらもまだ歩けていたのが、午後からは全くまともに歩けなくなって…

               今まで18匹の子を看取ってきたので、その状態が何を意味するのか、認めたくなくても認めなければいけない現実に、目の前が本当に真っ暗になりました。

               それでも希望だけは捨てずに、翌朝も“ちゃちゃ”と一緒に通院の予定を立てて、私も午前中は半休を取ったばかりだったんですけど…

               とつぜん液体を2〜3回嘔吐したかと思うと、そのあと唸り声をあげながら、苦しそうに何度も四肢を突っ張っては体を仰け反らせていました。

               そんな姿を見てるのが辛くて辛くて…とにかく可哀想で…

              『にゃん…よう頑張った…もう頑張らんでえぇから楽になったらえぇよ…』

              って声をかけてあげるのが精一杯でした。



               “にゃんきち”は2003年4月10日に玄関先にこしらえた外ねこハウスで生まれたんです。

               当時その外ねこハウスは、暖房マットを敷き、朝晩にはご飯も置いていたので、入れ替わり立ち代わり色んなネコがやってきては、棲みかとして使っていたんです。

               “にゃんきち”もそんな中の1匹で、無事に育てばそのまま野良として生きていくはずの子だったんです。

               ところが“にゃんきち”たちが生まれて間もなく、ハウスの前に小動物の足首が落ちていたんです。

               その頃ハウスには“にゃんきち”の母ネコとその兄弟、それに父ネコらしき大きな雄ネコが住んでいたので、誰かがネズミでも捕まえて食べたんだって思ってたんです。

               ところがその翌日…相方が見てしまったんです…

               雄ネコがハウスの中から、生まれたばかりの赤ちゃんネコを引きずり出して、頭からバリバリ食べている姿を…

               驚いた私たちが慌ててハウスの中を覗くと、そこにまだ1匹の赤ちゃんネコが残っていたので、母ネコとその兄弟ネコ共々、家の中でウチの子として保護することにしたのが“にゃんきち”なんですよ。

               それが生後5〜6日目のことでしたかね。

               ところがウチの子となった母ネコ“だりあ”が、環境が変ったからなのか、それとも最初から育てる気がなかったのか、生後8日の“にゃんきち”を育児放棄してしまったんです。

               デリケートな時期であまり見ないようにしていた私たちが気がついた時には、長い間お乳をもらっていなかったらしく“にゃんきち”はもう虫の息になっていましてね…

               電話で指示を受けた通り、体を出来るだけ温めながら砂糖水を口に含ませて、堺市の救急病院まで真夜中の高速をすっ飛ばして、何とかギリギリ一命を取り留めてくれたんですよ。

               それからは“だりあ”の代わりに私たちが親になって、日中はお互いの職場に連れていって3時間毎の授乳をさせたもんです。

               育児放棄された時に脳への栄養が不足したみたいで、ネコらしからぬユーモラスな動きをする、チョットおバカな子になっちゃいましたけど、その後はスクスクと育ってくれて、その茶目っ気いっぱいのおバカっぷりでいつも私たちを笑わせてくれていました。

               ところが2歳2ヶ月の時に受けた血液検査で、白血病(FeLV)の陽性反応が出てしまったんです。

               その時はもう成猫に育っているので、もしかしたら陰転するかもしれないという希望を抱いたんですけど…

               4歳5ヶ月の時の再検査で再び陽性反応が出てしまったので、インターフェロンを1週間毎日注射して、1週間明けて、また1週間毎日注射するという治療で陰転を試みたんですけど…

               一縷の望みをかけた治療も、その後の検査でクロと出てしまい、あとは発症しないことを祈るしかないと言われたのが2007年の11月のことでした。

               それから3年ぐらいは発症の兆候が表れなかったので、もしかしたら…と思っていましたけど、次第に口内炎が酷くなってきて、2011年の1月からは口内炎の痛みを軽減させるため、1ヶ月に2回ぐらいの通院が続いていました。

               それでもまだまだ元気でしたし、相変わらずのおバカっぷりで、家の中を明るくしてくれていたんですけど…

               今年に入ってからは骨髄がまともな赤血球を作れなくなったみたいで、どんどん貧血が酷くなっていくのが見た目にも分かるようになりました。

               医者に輸血も訊いてみましたけど、輸血の赤血球は体内でせいぜい2〜3週間しか保たず、今この時期を乗り切ったら何とかなる病気じゃない子に施すには、不適合のリスクの方が高いとのことでした。

               他に何か方法がなかったのか?本当に助けられなかった命だったのか?

               いつもいつも自分に問うては、悲しくて…やるせなくて…情けなくて…

               自分たちは全力を尽くした…それは分かってはいるんですけどね。

               それでもヤッパリごめん…って思ってしまうんです。

               今でも家に帰って『なぁ〜ん♪』って呼ぶと、馬みたいに首を真っ直ぐ立てて、迎えに走って来てくれそうな気がします。

               昔の写真は携帯の写メなので小さくて見にくいですけど、にゃんきちの成長を見てやってくださいな。

              2003年4月23日(生後13日)


              2003年5月1日(生後21日)


              2003年5月19日(生後39日)


              2003年5月19日(生後39日)


              2003年5月20日(生後40日)


              2008年9月1日(5歳5ヶ月)


              2008年11月5日(5歳7ヶ月)


              2011年11月12日(8歳7ヶ月)


              2011年11月21日(8歳7ヶ月)


              2012年1月31日(8歳9ヶ月)


              2012年1月31日(8歳9ヶ月)


              2012年2月9日(8歳10ヶ月)


               本日、2012年2月14日(火)午前11時

               他の子たちと同じように葬儀を執り行いました。



              2012年2月12日(享年8歳10ヶ月)




               このあと荼毘に伏したんですけど、お骨あげの時“にゃんきち”の頭蓋骨は、今までの子達と違ってピンク色をしていました。

               すごく不思議でしたけど『ボクのニャン生は桃色だったよ♪』って、死んでも私たちを笑わせてくれてるんだって…何だかそんな気がしました…

               おっとりしていて、他の子に怒るなんてことがなかった優しい“にゃんきち”…

               あの世でもマイペースで、いつもキョトンとした顔で、ほんでイッパイイッパイご飯食べて、父ちゃんたちが逝くのを元気で待っててや!


              0

                今日のにゃんきち
                2012/02/12 11:50


                 10日(金)の夜はまだ自分でご飯を食べようとしていたのが、昨日の朝から全く食べなくなって、身体を撫でても気持ち良さそうに仰向けにならなくなりました…



                 今はニュートリプラスゲルという、健康補助食品を上顎内に塗って舐めさせていますけど、それだけではヤッパリ身体を維持するのは厳しいんですよね。



                 まだ水を飲んだり、トイレに行ったりはしてますけど、そのフラフラと歩く姿を見るのは辛いです…

                 相方と私の勤務時間がバラバラなので、どちらも家に居られない時間が出来てしまう明日からが心配ですけど、今日は私が一日じゅう傍に居られるので、にゃんきちも安心してくれるんじゃないかな…



                 確かにここまで落ちてしまうと回復はかなり厳しいと思いますけど、にゃんきちは静かに病気と闘ってるんですよね。

                 今はにゃんきちの生命力を信じたいと思います。


                0