大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    焼肉・韓国宮廷料理 白雲台 鶴橋駅前店【ユッケジャンスープ定食】大阪市天王寺区@JR・近鉄/鶴橋
    2011/06/11 15:01

     JR・近鉄/鶴橋駅から徒歩スグ

    焼肉・韓国宮廷料理 白雲台 鶴橋駅前店

    でランチです。



    ◆訪店
     '11/06/08(水)
      12:47〜13:16

    ※小さな画像はクリックで拡大します。


    人気ブログランキングへ[クリック]
     あなたの1日1クリックが励みになります!
     応援よろしくお願いします!

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     こちらのランキングも応援して頂ければ嬉しいです♪

    ★地域別検索はこちら→
    [リンク]


     5日前に受けたMRI検査の結果を聞きに行ったこの日は、以前に自分で焼いて食べるホルモン定食が美味しかったコチラで昼ごはんを頂いて帰りましたよ。

     宿直明けで半休を取っていたので、そのホルモン定食とビールでも良かったのですが、ブログ的には他のメニューの方が良いかと思いまして…

    ユッケジャンスープ定食 ¥950


     12〜3分ほど待つと一人用鍋(トゥッペギ)に入ったユッケジャンスープに、3品の小鉢と、無料サービスの大盛りでお願いしたご飯が運ばれてきました。

     表面にうっすらと油膜の張ったユッケジャンを頂いてみると、コチュジャンと唐辛子…かな?のピリッとした辛さの中に、牛スジの旨みとコクが染み出ていてかなり美味しいんですよ。

     スプーンでかき混ぜると一旦はなくなる油膜が、他のものを食べている間にスグにまた張り直すのは、それだけ牛のエキスが溶け出しているってことなんでしょうかね〜



     玉ネギ・豆モヤシ・ネギなどの野菜の他に、トロトロになった牛肉やスジもたっぷり入っています。



     もちろんご飯との相性が悪いはずはありませんね。



     小鉢にも牛肉と玉ネギの炒め物がありましたが…これは冷めていたのでイマイチでしたかね(笑)



     白菜のキムチは少し酸味があって私の好みなんです。



     クラゲの酢の物にはマヨネーズが混ぜられていて、酸っぱさがマイルドになる分、コクが増してなかなか美味しかったです。



     コンパクトに思えたユッケジャンスープも割りとボリューミーで、食べ終わるとお腹いっぱになりましたわ。

     美味しい出会いに期待して…ごちそう様でした♪



    【過去ログ】
    ◆10'01/15/
    [リンク]
     ホルモン定食

    【焼肉・韓国宮廷料理 白雲台 鶴橋駅前店】
    ◆住所
    [地図]
     〒543-0025
     大阪市天王寺区下味原5-26
    ◆TEL
     06-6774-4129
    ◆営業時間
     月〜土曜日
     11:30〜14:30
     17:00〜22:00
     日曜日・祝日
     11:30〜21:00
    ◆定休日
     無休
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし
    ◆ぐるなび[リンク]
    ◆食べログ
    [リンク]


    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment










        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1107

        この記事に対するトラックバック