大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    第二回 午前十時の映画祭【ローマの休日】
    2011/06/17 00:57



     「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」とは、全国の映画ファンの投票をもとに、1950〜70年を中心とする映画の黄金時代に生まれた数々の外国作品の中から、傑作娯楽映画をセレクトして、毎日午前十時から1年間上映する特別企画です。

     昨年の第一回に続き2月5日(土)から始まった第二回は、1年目に上映した50作品を「Series1/赤の50本」として、新しい25劇場で上映。

     新たに選ばれた50作品を「Series2/青の50本」として、1年目からの25劇場で上映しています。

     大阪に住まい西宮で宿直をしている私が行きやすい劇場は、青の50本を上映している「TOHOシネマズ なんば」「TOHOシネマズ 西宮OS」と、赤の50本を午前十時の一回だけではなく一日じゅう上映してくれている「TOHOシネマズ 梅田」の3ヶ所なんです。

     前週に「アパートの鍵貸します[リンク]」を観たTOHO梅田で、この日は宿直前に「ローマの休日」を観ましたよ。


    人気ブログランキングへ[クリック]
     あなたの1日1クリックが励みになります!
     応援よろしくお願いします!

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     こちらのランキングも応援して頂ければ嬉しいです♪

    ★地域別検索はこちら→[リンク]



    ■2011/06/16(木)
     10:00開映
     TOHOシネマズ 梅田
     シアター10
     H-10席



    ■ストーリー

     さる国の王位継承者の王女アン(オードリー・ヘプバーン)は、親善大使としてイギリスを皮切りにヨーロッパ各国を表敬訪問中でしたが、最後の滞在国であるイタリアで過密なスケジュールによる疲労感と、自由が全くない事への不満から、とうとうヒステリーを起こしてしまいます。

     その夜、護衛の目を盗んで宮殿のような宿泊先をまんまと抜けだした王女でしたが、気を鎮めるためにと医者に打たれていた鎮静剤が効き始め、路傍のベンチで居眠りをしていまうんです。

     そこにアメリカ人新聞記者のジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック))が通りかかり、見かねた彼が介抱するうちに、ことの成り行きで王女はジョーのアパートまでついて来てしまいます。



     翌朝になって彼女の素性に気づいたジョーは、王女のプライベートを記事に出来れば大スクープになると考え、カメラマンで友人のアーヴィング(エディ・アルバート)と示し合わせて、王女と「ローマの休日」を過ごすことを計画するのです。

     美容院でロングヘアを思い切ってカットしたり、スペイン広場でジェラートを食べたり、ジョーとベスパに二人乗りしてローマ市内を廻ったり…





     真実の口を訪れ悪ふざけをしたり、サンタンジェロ城前のテヴェレ川でのダンスパーティーに参加したり…



     その様子をアン王女には内緒で、アーヴィングが次々にスクープ写真に収めていくのでした。

     籠の中の鳥だった王女にとって、ジョーとのちょっとした冒険は全てが物珍しく、そして刺激的で楽しく、恋心を揺さぶられるのに十分なものでした。

     一方ジョーにも、いつしかスクープのネタとしてではなく、一人の女性としてアン王女を愛する気持ちが芽生えていたのでした。

     だが、王女の病状を国民が心配している…というラジオを耳にした彼女は、責任感を感じて夢から現実に戻ることを決意するのです。

     その翌日、ヨーロッパ訪問最後の地「ローマ」における王女の会見が行われました。



     そこで王女はジョーとアーヴィングの姿を発見し、彼が記者であったということを知るのです。

     記者たちとの質疑応答の最後に、もっとも印象に残った国を訊かれた王女は、「みなそれぞれのよさがあり…」という、側近が用意していた言葉を途中まで口にするのですが、急に思い直し
     
    『ローマです。生涯この地の思い出は大切にしていゆきたいと思っています。』

    と、ジョーに語りかけるように言い放ったのでした。

     会見が終わり他の記者たちが引き上げたあとも、王女が去って行った方向を見つめるジョーでしたが、やがて踵を返して会場を後にするのでした。

    ■感想

     この映画については恐らく見た記憶が無いのですが、あまりにも有名なのでストーリーはあらかた知ってはいました。

     さらにこの映画をオマージュしたと言われていた、武田鉄也主演の邦画「ヨーロッパ特急」を見たことがあるので、予備知識は十分?にあったんですよ。

     今回、本家のこちらを観て、確かに瓜二つのストーリーでしたわ(笑)

     それにしても…公開されてから半世紀以上も経っているというのに、オードリー・ヘプバーンの鮮烈なほどの可憐さは、ほんの少しも輝きを失ってはいないですね。

     男性も女性も性別を問わず、彼女のいたずらっぽい微笑を観れるだけでも、十分に価値のある名画だと思いましたね。



    ■作品名
     ローマの休日
    ■原題
     ROMAN HOLIDAY
    ■ジャンル
     恋愛/青春
    ■制作国
     アメリカ
    ■日本公開年度
     1954年
    ■カラー
     モノクロ作品
    ■サイズ
     スタンダード
    ■音声
     モノラル
    ■上映時間
     118分
    ■監督
     ウィリアム・ワイラー
    ■出演者
     オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック
    ■解説
     今もなお世界中の女性たちの憧れとなっている名女優オードリー・ヘップバーンの代表作。
     アカデミー賞では主演女優賞、衣装デザイン賞、脚本賞を受賞した。
     ローマの名だたる名所が定番スポット化したり、ヘップバーンが着ていたジバンシィの衣装が全世界的に流行するなど、多くのムーブメントを生み出した。
    ■物語
     ヨーロッパ各国を親善旅行中のアン王女(A・ヘップバーン)は、公務に追われ疲れきっていた。
     そしてついに滞在中のホテルを抜け出してしまう。
     従者もなくひとりでローマの街を楽しむアンだったが、侍医から無理に処方された睡眠薬が効き始め、ベンチで眠り込んでしまう。
     そんな彼女を介抱したのが、しがないアメリカ人新聞記者のジョー・ブラッドレー(G・ペック)だった。
     彼女の正体を知ったジョーは、大スクープをものにしようと彼女を連れ回すのだが……。
    ■こぼれ話
     大詰めのシーンで泣く演技を求められたヘップバーン。
     ところが涙がなかなか出ない。
     何時間も出ない。
     とうとうワイラー監督が駆け寄り「なんだってんだ!いったい君は誰のことを考えているんだ?我々は一晩中ここにいなけりゃいけないのか?」と怒鳴った。
     ヘップバーンはそう言われて涙がどっとあふれ出た、という。


    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment










        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1114

        この記事に対するトラックバック