大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    第二回 午前十時の映画祭【エデンの東】
    2011/08/26 00:38



     「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」とは、全国の映画ファンの投票をもとに、1950〜70年を中心とする映画の黄金時代に生まれた数々の外国作品の中から、傑作娯楽映画をセレクトして、毎日午前十時から1年間上映する特別企画です。

     昨年の第一回に続き2月5日(土)から始まった第二回は、1年目に上映した50作品を「Series1/赤の50本」として、新しい25劇場で上映。

     新たに選ばれた50作品を「Series2/青の50本」として、1年目からの25劇場で上映しています。

     大阪に住まい西宮で宿直をしている私が行きやすい劇場は、青の50本を上映している「TOHOシネマズ なんば」「TOHOシネマズ 西宮OS」と、赤の50本を午前十時の一回だけではなく一日じゅう上映してくれている「TOHOシネマズ 梅田」の3ヶ所なんです。

     前週に「男と女[リンク]」を観たTOHO梅田で、この日は宿直前に「エデンの東」を観ましたよ。


    人気ブログランキングへ[クリック]
     あなたの1日1クリックが励みになります!
     応援よろしくお願いします!

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     こちらのランキングも応援して頂ければ嬉しいです♪

    ★地域別検索はこちら→
    [リンク]




    ■2011/08/25(木)
     12:40開映
     TOHOシネマズ 梅田
     シアター10
     H-11席



    ■ストーリー

     1917年、カリフォルニア州の小都市サリナス。

     ここで農場を営むアダム・トラスク(レイモンド・マッセイ)には2人の息子がいた。

     兄アロン・トラスク(リチャード・ダヴァロス)が真面目で心優しい性格から父に可愛がられる一方、気むずかしく反抗的な弟ケイレブ(愛称キャル)・トラスク(ジェームズ・ディーン)は父に疎まれていた。



     アーロンの美しい婚約者アブラ(ジュリー・ハリス)はそんなキャルが気がかりだった。

     ある日、キャルは父から死んだと聞かされていた母がまだ生きていることを知る。



     そしてそれが、どうやら近くで酒場を経営するケート(ジョー・ヴァン・フリート)らしいと知り、ふしだらな母の血を自分だけが引き継いだのだと一人悩むのだった…。



    -Yahoo!映画より-

    ■感想

     このあまりにも有名な作品を含めて、ジェームズ・ディーンの映画は初めてだったので、ものすごく期待していましたが…

     母親のことを知らず父親からの愛情も足りないと、ガキみたいにグダグダ言ってる情けない男の話だったんですね…(^^;)

     私も二人の弟ばかり可愛がる母親に対して、自分は疎まれてるなぁ〜と感じて少年時代を過ごしましたが、大人になってからスパッと縁を切った方なので、なぜあそこまで母親に固執するのか理解に苦しみました。

     なんだかスクリーンの中に入っていって、「しっかりしろ!!」ってジェームズ・ディーンのケツを蹴飛ばしてやりたくなりましたわ…(笑)

     やっぱり男は強くなくっちゃ…と思う今日この頃のkawachiなのでした(爆)



    ■作品名
     エデンの東
    ■原題
     EAST OF EDEN
    ■ジャンル
     ドラマ
    ■制作国
     アメリカ
    ■日本公開年度
     1955年
    ■カラー
     カラー作品
    ■サイズ
     スコープ
    ■音声
     ドルビーSR
    ■上映時間
     118分
    ■監督
     エリア・カザン
    ■出演者
     ジェームズ・ディーン
     ジュリー・ハリス
    ■備考
     序曲あり
    ■解説
     24歳という若さにしてこの世を去った稀代の俳優ジェームズ・ディーンの初主演作にして、その後の彼の人気を決定付けた不朽の名作。
     スタッフ、キャスト、音楽と、すべてにおいて非の打ち所のない、50年代を代表する作品となっている。
    ■物語
     アダム・トラスク一家はカリフォルニアにある小さな都市サリナスで大農場を営んでいた。
     アダムの息子キャル(J.ディーン)は、人当たりのよい兄アーロンと不良の自分とに対する父の接し方の違いに悩んでいた。
     キャルは父から、母キャシーはすでに死んだと聞かされていたが、近くの町で酒場を経営しているケイトこそが自分の母だと信じ、酒場に忍び込むことを決意する……。
    ■こぼれ話
     本作で繊細な青年役を演じ、初主演作にして一躍スターの仲間入りを果たしたジェームズ・ディーン。
     だが本作が日本公開される直前の1955年9月30日、カリフォルニアの州道を愛車ポルシェ550スパイダーで運転中に対向車と正面衝突し、逝去。
     事故原因はディーンのスピード超過と言われてきたが、近年になって対向車の車線はみ出しが原因と判明した。



    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        高校1年の時の担任が、「若い頃は3つのCを楽しんだ。Car、Coffee、Cinemaだ」と言ってたのを聞いて「かっこエエなぁ、若い頃ワルやったとか言うよりメチャかっこエエわ。自分も歳食ったら、若者にこんな事言うてみたいわ」と思いました。

        あれから月日が流れ、当時の担任の年齢を越えてしまいましたが、自分の3Cが、Coffee、Curry、Cup ramenだなんて、若者に言えません。
        2011/08/29 11:12 by nr

        nrさん

         なかなかカッコ良いこと言うことをおっしゃるオシャレな先生だったんですね。

         nrさんの3Cがコーヒー・カレー・カップラーメンでまだ良かったです。

         Color television・Cooler・Carだったらどうしようかと思いました…(笑)

        2011/08/29 21:27 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1178

        この記事に対するトラックバック