大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    Cafe&Bar Selva【軽く一杯】東大阪市@近鉄/新石切
    2011/11/20 12:29

     近鉄/新石切駅から徒歩約4分

    Cafe&Bar Selva(セルヴァ)

    です。



    ◆訪店
     '11/11/16(水)
      19:38〜21:00

    ※サムネイル画像はクリックで拡大します。

    人気ブログランキングへ[クリック]
     あなたの1日1クリックが励みになります!
     応援よろしくお願いします!

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     こちらのランキングも応援して頂ければ嬉しいです♪

    ★地域別検索はこちら→[リンク]

     ホワイティうめだの「らーめん 古潭[リンク]」でギョーザらーめんを食べた後、地下鉄と近鉄電車に揺られてエッチラオッチラと、トンネルを潜ると次はもう奈良県の生駒という大阪の東の果て新石切駅…

     疲れた体を引きずりながらたどり着いたその駅から、お店どころか自販機すらほとんどない田舎道をトボトボ15分ほど歩くと、ネコたちに同居させてもらっているあばら家がそこにあるんです。

     普段は道草なんて食わないでまっすぐ家に帰るんですけど、この日は相方が夜勤で居なかったので、チョットだけ道を変えて以前に見つけたコチラへ寄り道してみることにしたんですよ。

     ホントなら家まであと少しだし、ネコに囲まれて缶ビールを開ける方がよっぽど安上がりで、のんべんだらりと出来るんですけど…

     しょうがいを持った方々の世話人と言う仕事が仕事なだけに、人とまともな会話を交わすことが極端に少ないので、言葉のキャッチボールにメチャクチャ飢えてしまって、最近は自分自身が病んでしまってるんですよね…

     確かに利用者さんも言葉は話されますけど、それは会話じゃなくて利用者さんが期待している決まった返答を、利用者さんが楽しめるような口調でお返しするだけ…

     他のスタッフと顔を合わせることも滅多になくて、合わせたとしても業務連絡をする程度で、何だか陸の孤島で働いているような錯覚に陥ることもあるぐらいなんです。

     そんな孤独感と言うか、心の空白を少しでも埋められるのかな?…って思って、灯りに吸い寄せられる蛾のように、生まれて初めておひとり様でBarなる未知の世界に飛び込んでみたんですよ(^_^;)

     お店は大きなお宅の横に隣接する形で造られていまして、店頭のメニュー表を見るとそんなにもお高い感じでは無さそうですね。



     ドキドキしながらドアを開けてみると、カウンターだけのこじんまりとしたお店だと思っていたのが、奥に2〜4人掛けテーブルが5卓ある割と広い空間のある店内になっていまして、カウンターだと思っていたのはただのオープンキッチンとの仕切りだったんです。

     他に客の姿はなく、キッチンに一番近いテーブルに腰を下ろします。

     オーナーさんでしょうか?物腰の柔らかい綺麗な女性が注文を聞きにきてくれます。

     とにかく初めてのことで何をお願いすれば良いのか迷いますが、先ずは無難だろうと思われるあたりで

    生ビール ¥530
    スパイシーサラミ ¥530


     ウッディーで落ち着いた店内にはジャズ?よく分かりませんが軽快な音楽が静かに流れています。

     けっこう香辛料の効いたスパイシーなサラミ。



     何だか楽しくなりそうなイラストが描かれたジョッキ。



     照明を落としたシックな店内の壁には

    『セルヴァとはイタリア語で“森”を意味します。リラックスした心地よい時間をお楽しみ下さいませ。』

    と書かれています。

     先ほどの方は翌日の仕込みか何かで忙しいのか、キッチンの中で何やら一生懸命に作業をされていて、チョット話しかけて良さそうな雰囲気ではないかな…(^o^;)

     音楽に耳を傾けながら店内を見渡すと、ランチもされているようで、そのメニューなんかも置かれていました。

     どうやら週代わりになるセルヴァランチやら、パスタとかカレーのセットが1050円で頂けるみたいなので、一度休日ランチにでも伺ってみましょうか。

     そろそろビールも無くなりかけたのでお代わりを…と思いドリンクメニューを開きましたが、同じビールでは芸が無いし、せっかく背伸びしたんだからカクテルなんてお願いしてみようかな〜♪

     でも何を頼んだら良いか分からないので、慌てて携帯を駆使して調べてみます。

     えぇ〜っと…“バーテンダーの力量を知るには?”←なんで?

     ふむふむ…シンプルが故に力量が良く分かるのは…なるほどジンフィズとかジントニックですか…

     メニューにフィズは見当たらなかったので、ジントニックをお願いしてみました。

    ジントニック ¥580


     うーん…イキリ倒して通ぶった注文をしてみましたが、ジントニック初体験の私に味の良し悪しなんて分かろうはずも無かったですね…(爆)

     そんなこんなで小一時間…ただ黙々と携帯とにらめっこをしていた、そんなほろ苦いBarデビューを果たしてしまいました…

     分からないことだらけで緊張もしましたし、誰かと話したいという目的も達成出来ませんでしたけど、常連になればBarでのスマートな飲み方とか、バーテンダーさんとの会話も楽しめるようになるのかな。

     でもどちらかと言うと、立ち飲みで安酒を煽りながら、地元のオッチャンたちとクダを巻いてる方が、私にはお似合いなんだと思いますけどね…(笑)

    Barメニュー


    Barメニュー


     美味しい出会いに期待して…ごちそう様でした♪



    【Cafe&Bar Selva】
    ◆住所[地図]
     〒579-8013
     東大阪市西石切町5-4-22
    ◆TEL
     072-981-2233
    ◆営業時間
     11:30〜15:00
     (L.O.14:00)
     18:30〜23:00
     (L.O.22:00)
    ◆定休日
     日・月・祝日
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし
    ◆食べログ
     
    Cafe&Bar Selva カフェ / 新石切駅
     夜総合点★★☆☆☆ 2.5



    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        ご無沙汰しております。
        久しぶりに来てみると、とてもカワイイ話があったので
        思わずカキこんでしまいました。
        特に「携帯でカクテルを調べているシーン」は
        頭に映像が浮かんでくるようでした。
        やっぱりなんでも初体験は自身もそうだし、端から見てても
        ワクワクドキドキ感が伝わってきて、
        なんとなく青春フレグランスが漂ってきそうですよね。
        ぜひ、これからも「初体験シリーズ」やってほしいです。
        2011/11/30 13:30 by restaurantchuten

        restaurantchutenさん

         お久しぶりです♪

         青春フレグランス漂ってましたか?

         分からないことを携帯を使って必死に調べて知ったかぶりをする姿は、かわいいなんてもんじゃなくて滑稽だと思いますよ…(^_^;)

         でもまぁrestaurantchutenさんのノスタルジーな気持ちを呼び起こすキッカケになったのでしたら、それはそれで嬉しいですけどね♪

         これからも良い所も悪い所も洗いざらい書いていこうと思いますのでヨロシクお願いしますね〜♪

         46…いえ…年が明ければスグに47歳になるオヤヂが、シリーズ化出来るほど初体験が多いのは人としてどうかとは思いますが…(爆)


        2011/12/01 08:23 by Kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1260

        この記事に対するトラックバック