大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    第二回 午前十時の映画祭【ストリート・オブ・ファイヤー】
    2012/01/18 23:33



     「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」とは、全国の映画ファンの投票をもとに、1950〜70年を中心とする映画の黄金時代に生まれた数々の外国作品の中から、傑作娯楽映画をセレクトして、毎日午前十時から1年間上映する特別企画です。

     昨年の第一回に続き2月5日(土)から始まった第二回は、1年目に上映した50作品を「Series1/赤の50本」として、新しい25劇場で上映。

     新たに選ばれた50作品を「Series2/青の50本」として、1年目からの25劇場で上映しています。

     大阪に住まい西宮で宿直をしている私が行きやすい劇場は、青の50本を上映している「TOHOシネマズ なんば」「TOHOシネマズ 西宮OS」と、赤の50本を午前十時の一回だけではなく一日じゅう上映してくれている「TOHOシネマズ 梅田」の3ヶ所なんです。

    人気ブログランキングへ[クリック]
     あなたの1日1クリックが励みになります!
     応援よろしくお願いします!

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     こちらのランキングも応援して頂ければ嬉しいです♪

    ★地域別検索はこちら→[リンク]

     この日は宿直前に「ストリート・オブ・ファイヤー」を観ましたよ。

    ■2012/01/05(木)
     12:15開映
     TOHOシネマズ 梅田
     シアター10
     F-11席



    ■作品名
     ストリート・オブ・ファイヤー
    ■原題
     STREETS OF FIRE
    ■製作
     アメリカ
    ■ジャンル
     アクション/サスペンス
    ■日本公開年度
     1984年
    ■カラー
     カラー作品
    ■上映時間
     94分
    ■サイズ
     ビスタ
    ■音声
     ドルビーA
    ■監督
     ウォルター・ヒル
    ■出演者
     マイケル・パレ
     ダイアン・レイン
    ■解説
     高架が網の目のように走るリッチモンドを舞台にしたアクション巨編。
     悪役のウィレム・デフォーが並みならぬ存在感を示し、ヒロインのダイアン・レインも妖しく美しい。
     監督は『48時間』(1983)などでハードなアクションに定評を得たウォルター・ヒル、音楽をスライド・ギターの名手ライ・クーダーが担当している。
    ■物語
     ロック・クィーンのエレン(D・レイン)が、生まれ故郷であるリッチモンドで凱旋ライブを敢行する。
     その会場を、レイヴェン率いるストリートギャング「ボンバーズ」が襲撃し、エレンを連れ去ってしまう。
     姉のリーバからその知らせを聞いたトム(M・パレ)は、かつての恋人であるエレンを救うため、立ち上がった。
    ■こぼれ話
     主人公トムの相棒は、もともとはメンデスという名のメキシコ人男性の役柄だった。
     ところが主役級キャストの姉妹役でキャスティングされたエイミー・マディガンが、自分をこの役どころに猛烈にプッシュ。
     折れた監督は脚本を書き換え、彼女は女性兵士マッコイという役柄に変更された。

    ◆◇◆感想◆◇◆ 
     この午前十時の映画祭で知って初めて観たんですけど…もうね、とにかくキャストと音楽がメチャクチャ格好良くて素敵な作品でしたわ〜

     なんてったって主役のトム・コーディーを演じたマイケル・パレのキレがあって派手なアクション、どこか物憂げで寂しそうな表情、それに目の前に居るのにずっと遠くを見ているようなクールな目…その全てがカッコいいんですよね〜!

     相棒のマッコイ役のエディ・マディガンも、ボーイッシュでそんじょそこらの男じゃ敵わないぐらいの強い女なんですけど、どことなく愛嬌があって傷つき易そうな顔がギュッて抱きしめたくなるんです。

     この人って前に見たことあるなぁ〜って思ってたら…「フィールド・オブ・ドリームス[リンク]」で、ケビン・コスナーの奥さん役を演じた女優さんだったんですね。

     ストーリー自体は取り立てて凝ったものじゃなくて、ストリートギャングに拐われたヒロインを元カレが救出すると言う、いたって単純明快なものなんですけど、かなりハードにドンパチする割りには誰一人として死なないと言う後味の良さが小気味良いんです。

     ダイアン・レイン演じるヒロイン役のエレン・エイムが無事に救出され、コーディーとヨリを戻すのかどうか?

     恋の行方は映画を観てのお楽しみに置いておきますね(笑)

     ラストシーン…エレンがステージに復帰する…その前座として、ギャングのアジトからの逃走中に巻き込まれた黒人4人組のドゥーワップバンド「The Sorels」が歌う「あなたを夢みて(I Can Dream About You)[YouTube]」のポップなナンバーはメチャごきげんですよ♪

     そしてエレンが歌う「今夜は青春(Tonight Is What It Means to Be Young)[YouTube]」は、魂を揺さぶられるほどパワフルでスゴイ!の一言なんです。

     劇中のどの曲も素晴らしいんですけど、特にこのラスト2曲については、小林克也の「ベストヒットUSA」を夢中で見ていた若かりし頃を思い出して、思わず涙ぐんでしまいましたわ〜

     スグにでもまた観てみたくなる、本当に良い作品でした♪


    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        へ〜こんなのあるんですね。
        知らなかったです!
        私も西宮ガーデンズが一番イイかな^−^
        2012/01/20 14:49 by マリルジェニファー

        マリルジェニファーさん

         はい!期間限定の特別上映イベントで、第二回はちょうど今日で終了しましたよ。

         第三回が3月3日から始まるんですけど、採算が合わない上にフィルム上映可能な映画館も無くなってきてるとかで、その第三回を以てこの企画は終わってしまうみたいです。

         寂しいことですね…(>_<)

         ガーデンズ西宮や難波も今回で撤退なので、残念ながら第三回は京阪神間だと梅田でしか観ることが出来なくなっちゃうそうですよ。

        2012/01/20 15:52 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1319

        この記事に対するトラックバック