大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    来食藹藹 星屋【本場長崎ちゃんぽん】尼崎市@JR/立花
    2008/08/12 21:49
           店舗地図

     JR立花駅前のフェスタ南館にある
    【来食藹藹(あいあい) 星屋】
    に行ってきました。

    080812_1926~0001.jpg

     こちらはちゃんぽんの店として1957年に創業したそうですが、今や和洋中100種類以上と言うバラエティーに富むメニューはまるで多国籍料理屋のようですね。

     そのスゴい数の料理名が書かれた本のように分厚いメニューの中でもトップに乗せられ、ネット上でも旨いと評判の

     本場長崎ちゃんぽん[¥880]

     鉄板焼き餃子(5個)[¥350]
    それに命の水
     瓶ビール(中)[¥480]

    080812_1858~0002.jpg

    080812_1902~0001.jpg

    を、お願いしました。

     豚肉やイカの他にネギ・キクラゲ・人参・もやし・玉ねぎ・キャベツ・竹輪などが入った具だくさんのちゃんぽんは、少し甘めの豚骨ベースのスープに太めの生麺がよくマッチして旨いです。
     これまでちゃんぽんにあまり良い印象が無かったので好んで食べて来なかったですけど、こちらのは本当に美味しいと思います。
     しかし店頭のディスプレイのポップにはトマト・きゅうり・海老・キムチ・ワカメなどなど、実際には一切入っていない具がずらずら書かれていたのは、また別のちゃんぽんがあるのかな?

     パリパリ感を売りに神戸walkerにも紹介されている鉄板焼き餃子は、思ったほどのパリパリ感はなく、どこででも食べられる普通の餃子と言った感じでしたね。

     気になるメニューが他にも多数ありましたし、カレーを食べている客もチラホラ見受けられたので何度か通って色々と試してみたくなる素敵なお店ですね。

     美味しい出会いに期待して…
     ごちそう様でした♪

    【来食藹藹 星屋】
    ◆住所
     〒660-0052
     尼崎市七松町
     1-3-1-122
     フェスタ南館1F
    ◆TEL
     06-6416-4374
    ◆営業時間
     11:00〜21:30
    ◆定休日
     月曜日
    ◆行き方
     JR立花駅下車すぐ南側にフェスタがあります。
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし

    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        こちらのお店、よくしていただいてる方のブログで拝見してますが、ヤッパリ美味しかったですか。
        あんかけの焼きそばが美味しそうだったのですが、チャンポンもやりますね!
        う〜ん・・・迷うなあ〜!
        2008/08/13 07:38 by やじきた
        やじきたさん
         私、本当にちゃんぽんってあんまり好きじゃなくて、これまでに数えられるほどしか食べた事なかったんですけど…
         こちらのはスープがこだわったラーメン屋のスープのように抜群に旨いと思いましたよ♪
         19時頃に伺いましたが入れ替わり立ち替わりで常に満席状態の人気店でしたね♪
        2008/08/13 10:24 by Kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/139

        この記事に対するトラックバック