大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    手打ちうどん やとう【釜玉うどん】大阪市福島区@JR/海老江
    2008/08/23 23:58
     JR東西線海老江駅2号出口から徒歩約2分
    【手打うどん やとう】
    に行ってきました。

    080823_1844~0003.jpg

     こちらは大阪市北区の豊崎にあって、本格的な讃岐うどんが食べられると評判のたけうちうどんのご主人が修行されたお店としても有名です。

     席に誘導してくれた店員さんに
    『数量限定のまぐろ丼定食がまだありますよ』
    と勧められ少し心が揺れましたが、今日の目的は最初からこの店の名物として名高いこれと決めていたので

     釜玉うどん[¥600]

    080823_1853~0001.jpg

    を、大盛[+¥250]でお願いしました。

     釜玉うどんは麺を大盛にすると玉子の量とのバランスが崩れるので普段なら敬遠するのですが、こちらでは玉子が2個になるとので事なので頼んでみました。

     出来上がった釜玉うどんを運んで来てくれた店員さんが
    『先ず麺と玉子をよく混ぜてから薬味を加え、醤油ダレを3周半ほどかけて下さい』
    と、丁寧に説明してくれましたが、それでは画ズラが悪くなると思ったので先に薬味をトッピングしてタレもかけさせてもらいました…
    m(_ _)mスマン

     茹でると断面が丸く膨らんで玉子との絡みが悪くなるのを、こちらでは卵黄だけを使用する事でとてもクリーミーでコクのある釜玉うどんに仕上げています。
     まさに“和風カルボナーラ”と呼ぶに相応しい逸品ですね。

     かなり太めの麺はしっかりとした弾力を持っていますが、噛み切ろうとする歯を押し返してくると言うよりは、グニュっと押し潰れて行くモチモチの食感です。

     ネギなどの薬味と共に徳島産の酢橘を絞る事で酸と反応した卵黄が所々固まるのがまた良いですね〜

     香川産のダシ醤油はほど良い甘さで、出しゃばらずに“和風カルボナーラ”の引き立て役になっています。

     そしてこちらで釜玉うどんを頂く際の最大の特徴である、

    「最後の一口で声をかけて下さい。うどんダシをお持ちします。一杯で二度味が楽しめます。」

    080823_1901~0001.jpg

    を、二口ほど残した所でお願いしました。

     これがまた節の香りのよく効いたダシに酢橘の酸味が溶け出して抜群に旨くなるのですよ。

     こちらの釜玉うどんは食べる人を本当に幸せな気分にさせてくれるうどんだと思います。

     美味しい出会いに感謝して…
     ごちそう様でした♪

    080823_1904~0002.jpg

    【手打うどん やとう】
    ◆住所
     〒553-0001
     大阪市福島区海老江
     7-10-21
    ◆TEL
     06-6458-8107
    ◆営業時間
     11:00〜22:00
     日曜・祝日は〜21:00
     (いずれも売り切れ次第終了)
    ◆定休日
     水曜日
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし

     人気ブログランキングに参加してみました。
     こちら人気ブログランキングへをクリックしてご協力お願いします。
    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment










        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/150

        この記事に対するトラックバック