大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    豆腐と湯葉の店 梅の花 西梅田店【なごみ懐石】大阪市北区@阪神/福島
    2012/09/05 14:08

     阪神/福島駅から徒歩約3分

    豆腐と湯葉の店 梅の花 西梅田店

    です。



    ◆訪店
     2012/08/30(木)
      17:18〜19:15

     昼前にうかがった「喫茶 Y
    [リンク]」のボリューム定食に始まり、「酒場 やまと[リンク]」→「一番搾り フローズンガーデン[リンク]」でのチョイ飲みと続いたツアーも、いよいよ最終目的地のコチラへとやってまいりました…(笑)

     なんでも「ぎゃるまま日記
    [リンク]」に、8月中に掲載して欲しいと依頼されたそうで、mahinaさんが予約をしてくれていたんです。

     その記事はコチラ→
    [リンク]

     色んな企業からモニターリングの依頼なんかもあるみたいで、影響力のあるブロガーさんはヤッパリ違いますね〜凄ぃょ!o(≧∀≦)o

     18時の予約にはまだ少し早かったので、入ってスグの待合室で、出してもらった梅昆布茶を飲みながらしばし待ちます。

     お席の用意が出来ました…と、畳が敷かれた廊下を案内された個室は、茶室のような感じの落ち着いた和室でしたよ。



     部屋担当の店員さんが、挨拶のあと『○○円プラスで○○を○○に変更できますが…?』と、言ったようなことを訊いてくれましたが、ホントにお腹イッパイだったので全てパスで…(笑)

     mahinaさんが予約してくれていたのは、“なごみ”という季節懐石で、10月31日までは大感謝祭として、通常3600円のが3000円でいただけるとのことでした。

    なごみ懐石 ¥3600→3000


     まず最初に供されたのは、季節の小鉢三種です。

    季節の小鉢三種(焼き茄子豆腐・金時草と蛸の味噌掛け・卯の花煮)


     ゴマ豆腐のような食感の焼き茄子豆腐は、上に焼き茄子が乗っかってるだけじゃなくて、豆腐にも茄子が練り込まれているようでした。



     卯の花煮はシットリとしていて、食べやすいですね。

     フツーの卯の花だと、口じゅうの水分を持っていかれますけど…(^o^;)



     初めて食べた金時草…“きんじそう”と読むらしい…は、若干のヌメリとシャクシャクした食感が美味しいですわ〜



     茶碗蒸しにトマトの餡?って思ってましたけど、ダシも洋風仕立てになっていて、メチャクチャ美味しかったです。

    季節の茶碗蒸し(トマトあん掛け)


     コチラのウリの一つである湯葉は、ものすごく滑らかな舌触りと、大豆の甘みがシッカリとあって美味しいです。

    たぐり湯葉のお造り


     あれっ!? kawachiったら命の水を頼んでないやん?

     …と思われた方もいらっしゃるでしょうけど、ホントにお腹がイッパイだったのと、総量が予測できない懐石にビビったのとで、日本酒を熱燗でお願いしたんです…(笑)

     甘口のを熱々で飲みたいと言うmahinaさんの希望通り、徳利も持てないほど熱燗にしてくれてたので、このタイミングでの登場となりました。

    日本酒 熱燗 (二合徳利)¥1400


     さてさてお料理はまだまだ続きます。

     名物と謳う豆腐しゅうまいは、ジューシーな鶏の挽き肉を、細く切った豆腐で包んで蒸してあるんです。

     玉ねぎかな?ふわっと広がる甘みもあって美味しいですね。

    名物 とうふしゅうまい


     風味の良いかつお節がタップリかけられた冷奴。

    特製冷豆腐


     ゴマと醤油をかけていただきますが、スゴク滑らかな口当たりなのに、シッカリとした食感もあって、絹ごしと木綿の中間のような豆腐でしたよ。



     全12品の折り返しぐらいになって、ようやく何とか完食できそうなメドが立ってきました…(笑)

    季節の揚げ物(海老入り鱧真丈のカツレツ)


     枝豆も練り込まれたハモの真丈を、サッパリした塩ダレに浸けていただきます。

     とてもカラッと軽く揚がっていて、揚げ物と言ってもヘルシーな感じでした。



     表面が香ばしくて中はモチモチの生麩田楽は、木の芽味噌のよもぎと、柚子味噌の粟の2種類で出されました。

    生麩田楽


     このタイミングでサラダなん…?

     …とも思いましたけど、ようやくゴールが見えかけてきた時だったんで、逆に完食モードに輪がかかる…ハズ…でしたが…

     何の、何の…下には豆腐も隠れていて、これが結構ボリューミーなんですよ〜(^_^;)

     大豆の揚げたものとか、変わってて美味しかったですけどね。

    豆腐サラダ


     麹の風味を感じる味噌汁にも、湯葉がこれでもかっ!!ってぐらい入っています。

    汁物


     見た目、赤飯かいな?と思った炊き込みご飯は、もっちりした中に雑穀のプチプチした食感がアクセントになっています。

    季節の飯物(もろこしと黒米の炊き込み御飯)
    香の物



     アイスクリームはマンゴーの味が濃くって旨かったですよ〜♪

    デザート二種(豆乳マンゴーアイス・抹茶ようかん)


     食べ終わったあとは、本当にお腹がはち切れそうでしたけど、この“なごみ”懐石は全部食べても、たったの876kcalしかないんですって!

     いやぁ〜これはダイエット中の身にはありがたいですなぁ〜♪

     …って、朝からどんだけ飲み食いしてるんや……(´-ω-`;)ゞポリポリ

     結局このあと家に帰って体重を測ったら、2.35kg増えておりました…(爆)

     アホなことばっかり書いてるブログですけど、面白いなぁ〜って思ってもらえたら、下の2つのランキングをポチッてして応援してやってください。

    人気ブログランキングへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      610サイト中 17位(↑)
     また1ランクup!感謝しています♪

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      731サイト中 12位(→)
     キープありがとうございます♪

    ★地域別検索はこちら→
    [リンク]

    【豆腐と湯葉の店 梅の花 西梅田店】
    ◆住所
    [地図]
     〒530-0001
     大阪市北区梅田2-6-20
     パシフィックマークス西梅田2F
    ◆TEL
     06-6346-6320
    ◆営業時間
     11:00〜16:00
     (L.O.15:00)
     17:00〜22:00
     (L.O.21:00)
    ◆定休日
     12/31・1/1
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし
    ◆ぐるなび
    [リンク]
    ◆ホットペッパー[リンク]
    ◆食べログ[リンク]



    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        私も2キロ超えたままです。^^;
        明日昼を抜いてリセットできるかな〜。(悲)

        思えば凄いツアーでしたね。
        お付き合いくださりありがとうございました。
        2012/09/05 23:35 by mahina

        mahinaさん

         ありゃりゃ…あれから1週間経ちますけど、まだ元の体重に戻ってませんか…(^-^;)

         mahinaさんはスマートだから、食べた分がそのまま反映するんでしょうかね〜

         私は元々が太ってるから2kgとか3kgの上下は日常茶飯事ですわ…(笑)

         こちらこそ楽しいツアーをありがとうございました。

         また何か企画して弾丸ツアーしましょうね♪


        2012/09/06 10:19 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1509

        この記事に対するトラックバック