大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    西村屋ホテル 招月庭@豊岡市/城崎温泉
    2012/12/19 12:14

     JR/城崎温泉駅から徒歩約21分

    西村屋ホテル 招月庭

    です。



    ◆訪店
     2012/12/17(月)
      11:30〜15:00

     この日は仕事の休みを取って、JRのカニかにエキスプレスで、城崎温泉までカニを食べに行ってきましたよ〜♪

     大阪市内からの特急往復と昼食がセットになって17,800円に、グリーン車利用で2,000円プラスの、一人19,800円のプランでした。

     大阪発8時13分の「こうのとり1号」に乗車します。

     新しい方の車両だと思ってたのに、来年廃車される予定の旧型だったのはチョット残念…(>o<;)



     行きの車内から私一人“命の水”で極楽♪極楽♪



     2時間41分かかって、11時54分に城崎温泉駅に到着しました。



     駅前から出てる循環バスに乗っても良かったんですけど、久しぶりの城崎温泉の風情を楽しもうと、ブラブラ30分ほどかけて歩いてみましたよ♪

     今回選んだのは以前に食べたイカの刺身が絶品で、後にも先にもあんな美味しいイカには、未だ巡り会えないでいる「西村屋ホテル 招月庭」です。

     その時にいただいた他の料理も美味しかったので、コチラなら間違いないだろうと思ってのチョイスなんです。

     決して安くはない金額を払うんですから、出来るだけハズしたくはないですからね…(^_^;)



     ロビーでチェックインを済ませると、そのまま料亭個室に案内されました。

     呑気に構えてて一週間前に申し込みをしたら、小さな個室は埋まってるとのことでしたので、3人ですが広い個室を使わせてもらいます。



     テーブルにはすでに茹でカニや前菜がスタンバッていましたよ。



     飲み物は別料金での注文になります。

     列車でロング缶2本飲んできましたが、ヤッパリ最初は“命の水”でしょ〜♪

     …って、大瓶1本840円かよ…(☆o☆;)

    キリンビール(大) ¥840


     献立はこんな感じになってます。



    一、食前酒 紫蘇梅酒


     紫蘇独特の風味が、爽やかな酸味の梅酒とあいまって美味しかったです。

    一、前菜 季節の酒菜いろいろ


     ゴマ豆腐の他に鴨の燻製、サツマイモの団子、フキ、手長エビ、ゴボウの鶏肉巻き、黒豆の玉子と言ったところでしょうか? よぉ分からん…(笑)

     フキがスゴク滋味深かったのと、上質なハムのような鴨肉がメチャクチャ美味しかったですわ。



    一、酢肴 茹で蟹姿付け かに酢


     けっこう大きめのカニに、ミソもタップリ詰まってて、これだけでもお腹がかなり膨れた感ありましたよ。



    日本酒(1合) ¥672×2


     カニにはヤッパリ日本酒でしょう♪

    一、椀物 蟹真蒸し


     柚子の香りが良いアクセントですね。

     シャキシャキした糸のように細い物がいっぱい入ってたけど…何だったのかは分かりません…(^-^;)

    一、向付 蟹刺しと地物魚盛り合わせ あしらい一式


     カニ足の他にかんぱち、甘エビ、鯛ですね。

     甘エビはネットリ、かんぱちと鯛はコリコリにいかってて旨いです。

     カニ足も切り方に細工がしてあって、殻からスルッと外れるんです。

     舌にまとわりつくような甘さが堪りませんなぁ〜♪



    一、合肴 かに蒸篭蒸し


     生でもいけそうなのを蒸篭で蒸していただきます。

     プックリと蒸された身はホクホクで美味しいですね。



    一、焼物 焼きガニ半丁


     カニ料理では生の次に焼きが好きです♪

     香ばしくて、身がふっくらしてて…日本酒との相性もバツグンでしょう〜(^o^)v

    一、焜炉 但馬牛豆乳しゃぶ コラーゲン仕立て


     コチラを選んだ理由の一つがコレ!

     カニだけじゃなくって、但馬牛のシャブシャブもついてたことです。



     出汁の効いた豆乳で柔らかいお肉をシャブシャブ…

     言うことなしですわ〜\(~o~)/



     食事の〆はカニ釜飯です。



    一、お食事 蟹釜飯


     上品なお出しの風味にカニの身も入ってて、ホントほっこりするお味ですね〜

    一、留椀 赤出汁


     赤出汁には見たこともないキノコが入っていました。

     なめこのようにヌメリがあって、シメジのような形…ハテ?

    一、香物 三種盛り


    一、水菓子 季節のフルーツ


     ザクロと生クリームがトッピングされた寒天は、ミカンとかオレンジじゃなくて、夏ミカンみたいな感じでした。

     本当にどれもこれも美味しくて、カニ2杯分のボリュームにお腹もいっぱいになりましたわ♪

     このプランには温泉入浴もセットになっていて、部屋の利用は14時30分までなんですけど、温泉は食後ならいつ利用してもOKなんです。

     ただ食事に3時間近くもかかってしまったので、温泉は20分ほどで猛ダッシュで済ませることになりましたけどね…(^_^;)

     入浴後は15時発のシャトルバスで駅まで送ってもらい、駅前で自分用のお酒をお土産に買って、15時30分発の「こうのとり20号」に乗車しました。

     帰りは新型車両で、行きは4列だったシートも3列で広々としてましたね。




     もちろん“命の水”は欠かせません…たとえはち切れそうなぐらいお腹パンパンでもね…(爆)



     尼崎で人身事故があったみたいで、途中しばらくの間ノロノロ運転をしていましたが、18時30分には無事に大阪駅に到着することが出来ました。

     ネコたちが待ってるので、大阪からの往復5時間20分、城崎滞在4時間の弾丸ツアーでしたけど、たまには日常を忘れることも必要ですよね♪


     アホなことばっかり書いてるブログですけど、面白いなぁ〜って思ってもらえたら、下の2つのランキングをポチッてして応援してやってください。

    人気ブログランキングへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      564サイト中 19位(↓)

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      761サイト中 19位(↓)

    ★地域別検索はこちら→
    [リンク]

    【西村屋ホテル 招月庭】
    ◆住所
    [地図]
     〒669-6101
     兵庫県豊岡市城崎町湯島1016-2
    ◆TEL
     0796-32-3535
    ◆営業時間
     宿泊
     in15:00〜out10:00
    ◆定休日
     なし
    ◆駐車場
     あり
    ◆禁煙席の有無
     分煙
    ◆食べログ
    [リンク]
    ◆お店のHP
    [リンク]


    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        4時間滞在はホント弾丸ですね。><
        城崎の湯めぐりやぶらぶら歩きはされなかったのですね。
        いいお値段ですが、たまにはこういう贅沢も
        気分転換になっていいですね。
        2012/12/20 09:24 by mahina

        mahinaさん

         4時間のうち駅からの徒歩30分で、食事に3時間近くかかりましたからね…

         ホント入浴なんてカラスの行水ほども出来ませんでしたわ…(笑)

         ネコがいなければもう少しユックリ…1泊とかでも出来るんでしょうけど、まぁそれは仕方のないことですね。

         普段お出かけなんて滅多にしないので、これぐらいでも十分に旅行気分で楽しめました♪

        2012/12/22 12:41 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1605

        この記事に対するトラックバック