大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    びわ狩りとバイキングランチの日帰りバスツアー
    2013/07/04 12:18

     ネコが居るのであまり家を空けることが出来ず、泊りがけの旅行なんてもっての外のわが家…(^_^;)

     でもたまには日常を離れたい…ってことで、1年に1〜2回ぐらい日帰りツアーに出掛けるんです。

     相方と私の休みが一致した6月23日(日)は、相方の母親と3人で、日本交通の日帰りバスツアーに参加してきましたよ♪

     ツアーの概要は以下のとおりです。

    ◆淡路島 びわ狩りとルネッサンスリゾートナルト バイキングのご昼食

    ◆集合場所
     新石切駅(8:10)→東花園駅(8:20)→東大阪営業所(8:30)→弁天営業所(9:00)→弁天町駅(9:05)→西区民センター前(9:20)

    ◆行程
     各地→びわ狩り→蒲鉾工場(お買物)→ルネッサンスリゾートナルト(昼食)→ハレルヤスイーツキッチン(工場見学・お買物)→淡路ハイウェイオアシス→各地

    ◆料金(税込)
     大人 ¥7,800
     子供 500円引き(6歳以上12歳未満) 大人と同じ料理。
     幼児 3,000円引き(3歳以上12歳未満) 大人と同じ料理。

     私たちは車を停めておけるということで、東大阪営業所から乗車しました。

     車なら家から3〜4分と、メチャ近いのでホント便利ですわ〜♪

     相方のオカンを迎えに行き、10分前に営業所に行くとすでにバスは到着していました。

     トイレつきの大型バスは、申し込みが少なかったみたいで、半分も座席が埋まってなかったですけど、生真面目な私たちは一応座席表の通りの席に…

     ところがおひとり様らしきオッチャンが、私たちの座席に寝そべっていて

    『空いてるからどこでも好きな所に座ってえぇで〜』って…

     イヤ、お前が言うなよ…(~_~;)



     弁天営業所と弁天駅の乗客が無かったので、バスは予定よりも早く、トイレ休憩地点の淡路サービスエリアに到着しました。

     少し雨がぱらついていたので、明石海峡大橋が霞みの向うにぼんやりとしか見えませんね。



     バスに乗って2時間でまず最初の目的地、ビワ狩りの農園に到着です。

     農園の名前は…忘れました…(笑)



     雨がシトシトそぼ降る中、30分のビワ狩りタイムのスタートです♪

     天気予報で雨なんてこれっぽっちも言ってなかったので、私たちは何の雨具も持ってませんでしたけど、夢中になると意外と気にならないもんなんですよね…(笑)



     5〜6個も食べれば十分と思ってたのが、甘いのがあったり、酸っぱいのがあったりで、次は甘いかな?なんてやってるうちに、結局20個ぐらい食べてしまいましたわ…(^_^;)

     爪がビワ色に染まってるのは見ないでね…(笑)



     ビワを堪能したあとは「鯛おどる館」で、カマボコやらチクワやら、私の大好きな練りモノのお買物タイムです。



     バスが到着すると、お店の方が試食を持って出迎えてくれました。



     ほとんどの商品が試食できるので、そらぁ命の水片手に食べまくらんとアカンでしょ…(爆)

     いや…タダ喰いばっかりじゃなくて、お買物もちゃんとしましたよ…(^o^;)



     鯛おどる館をあとにしたバスは、淡路鳴門自動車道を一路南下し、大鳴門橋を渡って徳島県へ。

     道がガラ空きで予定よりも早く昼食会場に着くのを、バスガイドさんが電話でホテル側と交渉してくれたんですが、準備が整わないらしく受け入れ拒否…(^_^;)

     そこで急遽予定を変更して、渦潮が見える鳴門公園で時間調整をすることになりました。

     休憩所でまた土産物を買いあさった後、13時頃ようやくルネッサンスリゾートナルトに到着です。



     ランチ会場は「阿波郷土料理 彩」というレストランです。



     鳴門鯛や阿波野菜など、徳島の山海の幸が満載のバイキングで、造り、寿司、天婦羅からデザートまで、約60種類の料理が愉しめるみたいです。



     オープンキッチンでは、阿波野菜や旬魚の天麩羅・焼魚など、目の前でつくる出来立てアツアツ料理やら…



     刺身コーナーでは鳴門鯛や地元の新鮮魚を切り出しで、煮物・蒸物も好きなだけ食べられます。



     瓦屋根と黒色格子などを取り入れながら、阿波の風情と歴史を感じさせる、阿波の城下町をイメージさせた店内に仕上げてあるんですって。



     団体客が何組か一斉に入ったので、料理コーナーはどこもかしこも長蛇の列…(☆o☆;)

     取り合えず空いてるところを狙って、かき集めてきた料理からいただきます。



     刺身はマグロとイカと小鯛かな?

     鮮度は良いと思うんですけど、味のノリがイマイチ…(^_^;)



     カマボコの試食でロング缶を2本空けてますけど、それとこれとは話が別なので、命の水をお願いしましたけど…

     小瓶が1本696円で、それにサービス料69円、消費税38円がプラスされて、合計803円って…立ち飲みやったら大瓶2本はイケますやん…(☆_☆;)ヒィー!!



     炭火を使って自分で焼く肉も取ってきましたけど、スジっぽくてメチャ硬〜い…(>_<;)



     まぁ何だかんだ言っても、その日は晩ごはんが全く入らないぐらい、お腹パンパンになるまで食べまくりましたけどね♪

     ツアーの行程とは言えランチの30分後には、ハレルヤスイーツキッチンに到着…(汗)



     現物が流れていない工場を見学した後、一人に一つ試食の饅頭が配られました。

     美味しかったけど、もうお腹イッパイでお土産を買う気にはなれませ〜ん…(^_^;)



     来た道を引き返したバスは、最後の目的地「淡路ハイウェイオアシス」へ…

     普段ショッピングなんてしないから、この日はこの時とばかりに、思いっきりお土産を買いまくりましたわ…(笑)



     最後に自分へのごほうび…って、何の褒美やねん…(^o^;)



     帰りは高速が少し渋滞してましたけど、19時過ぎには降車することが出来、車も横付けなのでお土産もラクラク持ち帰れました♪

     今度はいつ、どこに行けるかなぁ〜(^o^)/

     つたないブログですけど面白いやんって思ってもらえたら、下の2つのランキングをポチッてして応援してやってください。

    人気ブログランキングへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      587サイト中 24位(↑)

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      757サイト中 18位(↓)

    ★地域別検索はこちら→
    [リンク]


    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        相方さんも お母様もおなかいっぱい召し上がられた?
        生き物飼ってると 本当に家族でお泊りはなかなか出来ないですよね。
        我が家 息子夫婦家族と母つれてディズニーに行ったんですけど 4匹3泊お預け 出費も大変やったし 4匹ともすごく不安だったようで ちょっとかわいそうでした。 

        2013/07/04 22:44 by さっちゃん

        さっちゃんさん

         相方は私と同じくらいによく食べますし、義母さまも自分なりにお腹いっぱいになってたみたいです♪

         ディズニーに行かれたんですね~羨ましいなぁ♪

         3泊もならけっこう楽しめたんじゃないてすか…\(^_^)/

         でも4匹をペットホテルに3泊となるとかなり料金が嵩んで、あと一人は旅行に行ける
        ぐらいついたんじゃ…(((^_^;)

         ウチが近くなら私がペットシッターにうかがったんですけどね…(笑)

         
        2013/07/07 00:14 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1760

        この記事に対するトラックバック