大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    立呑 最@大阪市中央区-南海難波-
    2013/11/25 17:25

     南海/難波駅から徒歩約3分

    立呑 最

    です。



    ◆訪店
     2013/11/12(火)
      20:27〜23:00


    大きな地図で見る


     「兵吾[リンク]」から「日本酒と私[リンク]」と呑み歩いた続きのお話し…

     同行者さんから

    『ところでkawachiさんが今まで飲まれた日本酒の中で、これは旨かったというお酒ってなんですか?』

    と訊かれたので

    『十四代というお酒ですかね〜』

    ってお答えすると、是非とも飲んでみたいって話になったので、1年半ほど前に訪れたことのある、コチラへとお連れしたってワケなんです。

     相も変わらず大盛況でしたけど、カウンターの奥の方にスペースが空いていたので、先客さんたちの後ろを失礼して、二人して体を滑り込ませてもらいましょう。

     目の前の大きな冷蔵庫の中には、珠玉の銘酒たちが鎮座ましましておられますよ…(笑)



     同行者さんはもちろんお目当ての十四代をオーダー。

     山形県村山市「高木酒造」のお酒で、播州愛山という酒造好適米を使用しています。

     優しい甘さとキレの良いあと口が特徴的な、本当に美味しいお酒ですよね。

    十四代 純米吟醸 中取り 播州愛山


     私はというと同じものを頼んでも面白くないので、時々うかがう「旬膳 八起[リンク]」で教えてもらって以来、お気に入りの一つになった獺祭をお願いしました。

     山口県岩国市「旭酒造」のお酒で、酒造好適米の山田錦を39%まで磨き落して造られる、これぞまさに大吟醸って感じのお酒なんです。

     メロンのようなフルーティーな香りと、口に含むとじんわり広がる柔らかい旨みが素晴らしいお酒ですね。

    獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分


     コチラはお酒だけじゃなく、アテも美味しいものが揃ってるんですよ。





     ねっ!いぶりがっこやカツオの酒盗なんて和風から、アンチョビとトマトやナポリタンまで、けっこう幅広く揃ってるでしょ〜♪




     もちろんビールやチューハイも置いてます。



     それだけ種類豊富なアテの中から選んだのが、ド定番のエイヒレって、ホント酒呑みらしいチョイスですよね〜(笑)

     でもこれが日本酒とよく合って旨いんです!

     
    エイヒレ炙り ¥280


     志村けんでお馴染み東京都東村山市にある「豊島屋酒造」の屋守(おくのかみ)は、四代目が別ブランドで立ち上げたお酒だそうです。

     これまでは酒造好適米の八反錦を使っていたそうですが、この純米吟醸には雄町が使われているんです。

     小気味良い酸味のキレ味と、雄町独特の甘さが広がる美味しいお酒ですね。

    屋守 雄町 純米吟醸無調整生詰


     同行者さんは私が先ほど呑んだ三割九分とは、また違った獺祭を注文されました。

     こちらは山田錦を50%まで磨いて造った、まさに大吟醸といった感じのフルーティーな香りと、上品な飲み口を併せ持ったお酒です。

    獺祭 純米大吟醸50


     私よりひと回りも若い同行者さん・・・まだまだお腹に余裕があるようで、知らない間にナポリタンを注文されていました。

     …って、もしかしたら私が頼んだのかも知れないんですけど、この辺りからもう記憶がスッカラカンなので…( ̄▽ ̄;)アハハ…

    最のナポリタン 目玉焼き付き ¥500


     呑み始めてからすでに4時間…完全に記憶も途切れてしまってまして、カメラに最後に残されたこの二本のお酒に関しては、どちらがどっちを呑んだのか、そこらも含めてぜんぜん覚えておりません…(笑)

     なのでお酒の紹介だけ…(^_^;)

     左側のお酒は茨城県筑西市の「来福酒造」が、1960年代には作付けされなくなって、今や幻の酒米と呼ばれる愛船206号を使用して造ったお酒だそうです。

     そして右側の誰かの肖像画が描かれているお酒は、島根県大田市「若林酒造」が造る開春のサブブランド、石の顔(いわのかんばせ)というお酒です。

     調べてみましたけど、ラベルに描かれてる人物が誰かは分かりませんでしたわ…(^o^;)

    来福 純米吟醸 愛船206号
    開春 石の顔 袋取り



     オッサン二人による、記憶になくても記録に残る立ち呑みツアーは、このあとコチラの閉店23時まで居座らせてもらい、美味しいお酒と美味しい料理の話で大いに盛り上がった・・・ハズです…(爆)

     またの再ツアーを約束して・・・したハズ・・・私は終電ギリギリで家にたどり着くことができました←これだけは確か(笑)

     ホント楽しい一日でした、Sさん色々とありがとうございました!

     また立ちポン酒ツアーやりましょう〜(@^^@)/

     つたないブログですけど面白いやんって思ってもらえたら、下の2つのランキングをポチッてして応援してやってください。

    人気ブログランキングへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      562サイト中 17位(↑)

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     記事アップ時点の順位
      773サイト中 17位(↓)

    ★地域別検索はこちら→
    [リンク]

    【立呑 最】
    ◆住所
     〒542-0075
     大阪市中央区難波千日前14-2
    ◆TEL
     06-6631-3151
    ◆営業時間
     18:00〜23:00
     (L.O.フード22:00・ドリンク22:30)
    ◆定休日
     日曜日・祝日
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし
    ◆食べログ[リンク]

    【過去ログ】
    ◆2012/02/08(水)[リンク]



    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment










        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/1838

        この記事に対するトラックバック