大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    中華料理食堂 上海飲茶【台湾ラーメン】尼崎市@阪神/尼崎※閉店しました
    2008/11/01 19:32

    ※閉店しました


     人気ブログランキングに参加しています。
     こちらをクリックしてランキングアップにご協力お願いします。

     阪神本線尼崎駅[南出口]から徒歩約9分
    【中華料理食堂 上海飲茶】
    に行ってきました。

    CIMG4944-0001.JPG

     こちらは阪神尼崎駅から西へと延びる商店街をブラブラしていて、パァーンと目に飛び込んできた原色ケバケバの妖しげな雰囲気が気になっての訪店です。

     店頭に貼り出され定食メニューがあればと思ったのですが、残念ながら昼しかやっていないとの事なので

    台湾ラーメン[¥750]

    CIMG4949-0001.JPG

    を、お願いしました。

     台湾ラーメンの出来上がりを待つ間に、自家製ですと出して頂いたキムチをつまんでみると、初めは甘くて後から辛さがくるタイプのものです。
     この最初に甘いキムチとゆうのが私はどうも苦手なんですけどね…

     ほどなくして運ばれた台湾ラーメンは極細ストレート麺の上に挽き肉・もやし・ニラ・フライドオニオンがトッピングされています。
     スープは醤油ベースで中華の香辛料がほのかに効いていて独特の味わいになっています…が、台湾ラーメンの特徴である辛さが無いですね。

     台湾ラーメンとは元々は1970年代に名古屋の台湾料理店「味仙(みせん)」で、台湾出身の店主が台南地方の担仔麺を元に考案した賄い料理でして、その定義は豚挽き肉・ニラ・もやし・長ネギなどを唐辛子で辛く味付けて炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺の上にかけたものらしいのです。
     ニンニクをたっぷり使うのも特徴的で、本場の台湾には存在しないのだとか…(笑)

     激辛ブームが追い風となって近年は名古屋以外にも供する店が増えたそうですが、四川の担担麺と混同している店があったりと、まだまだ定義を認知していない店もあるようですよ。

     話が横道に逸れてしまいましたが、こちらはお昼の定食メニューが豊富なので次回はランチに伺ってみたいと思います。

     美味しい出会いに期待して…
     ごちそう様でした♪

    CIMG4952-0001.JPG

    【中華料理食堂 上海飲茶】
    ◆住所
     〒660-0884
     尼崎市神田中通
     4-157-1
     阪神尼崎商店街4番街
    ◆TEL
     06-6418-1600
    ◆営業時間
     11:30〜14:30
     17:00〜23:00
    ◆定休日
     水曜日
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし

    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        結構いい値段ですね!
        美味しいのならモーマンタイですが?
        辛くないのなら私でもいただけますね!
        食べてみたいなあ、台湾ラーメン!

        2008/11/04 00:05 by やじきた
        やじきたさん
         夜に単品で食べると少し高いかな?って値段になるので、食べに行かれるのでしたら定食として頂けるお昼に訪店されることをお薦めしますよ♪
        2008/11/04 07:39 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/211

        この記事に対するトラックバック