大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    大力食堂【カツ丼】西宮市@阪神/甲子園
    2008/11/07 13:12
     人気ブログランキングに参加しています。
     こちらをクリックしてランキングアップにご協力お願いします。

     阪神本線甲子園駅から徒歩約11分
    【大力食堂】
    に行ってきました。

    CIMG5079-0001.JPG

     こちらは盛りの豪快さでこれまでに幾度となくテレビや雑誌などで紹介され、大食い系のブロガーさんたちもこぞってチャレンジに訪れるとゆう有名店です。

     私は決して大食いブロガーと言う訳ではないですし、色んな方のブログを読ませて頂いて、とてもじゃないけど私に完食は無理だと尻込みしていたのですが…

     吟じます!

    「今日はぁ〜あぁ〜
     朝からの空腹がぁ〜あぁ〜
     昼まで続いていたのでぇえ〜ぇえ〜
     何だか今日いけそうな気がするぅ〜っ!」

    「あると思いますっ!!」

    …と、木村天津ばりのノリで訪店してしまったのです(笑)

     もちろん西宮をくまなく食べ歩いておられる《☆食べるのdaisuki やじきたのマイブーム☆》のやじきたさんも当然訪店されていましたね。

     カレーライスや親子丼などもかなりなものだそうですが、ここまで来たからにはやはりこちらの代名詞ともなっている

    カツ丼[¥700]

    CIMG5083-0001.JPG

    を、お願いするしかないですよね。

     ほどなくして味噌汁や漬け物と共に運ばれてきたカツ丼を見た瞬間、想像を遥かに上回る圧倒的なボリュームに正直ド肝を抜かれてしまい、配膳してくれたお母さんに心の動揺を悟られはしまいかと心配しましたよ。

     ブログ用の写真を撮りながらも果たして食べ切れるのかどうか不安でいっぱいでしたが、取りあえず一緒に配膳された空の味噌汁碗に、ご飯が崖崩れを起こさないように少しずつ移しながら食べ進める事にしました。

     玉子で綴じられたカツは甘めの出汁で煮込まれていて、味付け自体は私の好みの味です。

     たっぷり入った玉ねぎと長ネギのシャキシャキとした感じも良いアクセントになってますね。

     注意深く掘削工事を進めながらお碗に移して食べること十数杯、そろそろお腹にも溜まり始めてきたのですが、それでもまだその巨大なご飯マウンテンの上半分の半分、つまり四分の一ほどしか食べ進んでないではありませんか…(汗)

     これはマズイ…実にマズイ…あまり時間をかけ過ぎてしまうと満腹中枢が刺激されて、余計に入っていかなくなってしまう…(激汗)

     少しペースを上げてはみたものの半分ほど食べ進めたところで味に飽きてしまい完全にペースダウンです。

     遂に食べ物を残してしまう時がくるのか…こんな事なら配膳された時に大袈裟に驚いてみせて、普通のカツ丼を頼んだつもりなのに出て来た物を見て、初めて大盛りのお店だと気付いた体にしとけば良かったかなぁ…
     きっと周りからは大食いチャレンジしにきたように見られてるよな…

     などなど少し凹み気味の思考に支配されそうになりましたが、ここで弊ブログを始めて以来初の切り札を登場させることにしたのです。
     そうです!常時私の腹周りを締め付けているヘルニア対策用のコルセットを緩めることにしたのですよ。

     だったら最初から緩めておけよってツッコミは無しですよ〜(笑)

     しかしその効果と分厚いタクアンをチョビチョビかじる作戦&濃い味の味噌汁のお陰で16分ほどで何とか無事に完食する事が出来ました。

     半分から残り四分の一ぐらいはもの凄くキツかったですが、そこを過ぎると最後のひと口を食べ切るまでは意外と楽になったのは不思議でしたね。

     あとで知った事ですがこのカツ丼…ご飯だけでも1.8kgもあったそうなんですよ…(☆o☆)

     食べ終わったあとお腹は本当にパンパンでしたが気分が悪くなるような事は無かったので、私もまだまだ食べれるもんなんやなぁ〜と、戦いを終えたプチフードファイターのような気分でお店をあとにしたのでした。

     次回はカレーライスにでもトライしてみましょうかね(笑)

     美味しい出会いに期待して…
     ごちそう様でした♪

    CIMG5094-0001.JPG

    【大力食堂】
    ◆住所
     〒663-8156
     西宮市甲子園網引町2-29
    ◆TEL
     0798-46-0800
    ◆営業時間
     10:00〜21:00
    ◆定休日
     不定休
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし

    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        16分で完食?
        あの量?
        すごい!

        でもほどほどにね。腹八分目っていいますよ。
        2008/11/10 16:07 by さっちゃん
        昨日昼のTVでテラめし特集をやっていて、谷町の「一味禅」の海老穴子天丼特盛が紹介されていましたが、そちらののご飯は1.5kg。ということは…ひょえ〜!

        TV大阪の大食い選手権出場検討してみてください。
        2008/11/10 18:24 by たっくん
        1.8kg!うひゃ〜★漫画たいやぁ〜笑。でも純粋にカツ丼が美味しそう♪二人で一つ注文が可能なら是非行ってみたいです(^O^)/
        2008/11/11 00:16 by たむ
        さっちゃんさん
         私はほとんど噛まずに飲み込む食べ方なので、丼物で16分ならスゴク時間がかかっている方ですよ(笑)
         腹八分目ですよね…健康のことを考えればそれが良いことだと分かってはいるのですが、常に満腹以上にたべないと満足できない私には本当に難しいことなんですよねぇ…(汗)

         
        2008/11/11 00:59 by kawachi
        たっくんさん
         谷町の一味禅は穴子の天ぷらが大きいと聞いて、私も前から気になっていたお店なんですよ!
         でも特盛りなどとゆうテラ飯があることは知りませんでした。
         ご飯1.5kgですか…天ぷらの方がカツよりもお腹に溜まるでしょうから、かなり厳しいチャレンジになりそうですね。
         大食い選手権ですか?
         彼らは7〜8kgは平気でたべる人たちばかりなので、私なんぞ予選にも出れないですよ(笑)
        2008/11/11 01:08 by kawachi
        たむさん
         笑けてしまうでしょ!二人で1つが可能かどうかは分かりませんが、小サイズはあるみたいですよ。
         小サイズですら他店の大盛りぐらいはあるそうですけどね…(笑)
         カレーライスも他店の2倍〜3倍はあると聞きましたので、ぜひ確かめに訪れてみて下さいな♪
        2008/11/11 01:14 by kawachi
        なっに〜!やっちまったな〜!
        男は黙ってカツ丼!
        って感じですよ!
        私も未だにカツ丼は食べれません!
        過去を思い出してしまうのでしょうね!
        でも、本当にきつかったことだと思います!
        完食おめでとうございます。
        また文リンありがとうございます。
        2008/11/11 07:32 by やじきた
        やじきたさん
         このテラカツ丼にまだおかずを食べようとされたやじきたさんは本当にスゴイと思いますよ!
         私は同じものを続けて食べることに抵抗の無い人間ですので、幸いにも当分はカツ丼を避けたいって気分にならずに済みましたよ♪
         感覚がおバカなだけでしょうけどね(笑)
        2008/11/11 09:20 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/217

        この記事に対するトラックバック