大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    つけ麺 上方屋 五郎ヱ門【つけ麺300g】大阪市北区@新梅田食道街
    2008/12/25 13:46
     人気ブログランキングに参加しています。
     こちらをクリックしてランキングアップにご協力お願いします。

     御堂筋線梅田駅[6番出口]から徒歩約3分

    つけ麺 上方屋五郎ヱ門

    に行ってきました。

    CIMG6506-0001.JPG

     こちらはJR福島駅にある人気のラーメン店“上方屋五郎ヱ門”がプロデュースしたつけ麺専門店でして、新梅田食道街の一角に今年の8月にオープンしたばかりのまだ新しいお店です。

     この前訪店した“あらうま堂”と同じく(株)熊五郎の系列店でもありますね。

     店外の券売機で予め食券を買い求めてから入店するシステムで、値段は麺の量によって下記のように変わるので

    ・200g  800円
    ・300g  900円
    ・400g 1000円
    ・500g 1100円

    この中から

    つけ麺300g¥900

    それと本日のお勧めトッピングの中から

    トロチャーシュウ1.5倍盛¥100
    CIMG6496-0001.JPG

    を、お願いしました。

     は艶々の太麺でピカピカ光っていて透明感がありますね。
     一口目はつけ出汁に浸けずにそのまま頂いてみましたが、グニュっとした弾力としこしこのコシが良いですよ。

     つけ出汁の方は濃厚なとんこつ醤油で塩っけもかなり強いですが、しっかりとした麺にはこれぐらいの濃厚さがお互いを引き立てあってちょうど良いですね。

     具の角切り叉焼がモッチリとした赤身にほど良い脂身が乗っていて美味しいです。
     麺の上に乗っていた追加トッピングの叉焼はパサパサしていてあまり美味しくなかったですが、つけ出汁に入ってるのとは切り方が違うだけじゃないのかな?

     つけ出汁の中には叉焼の他にメンマやほうれん草が入っていて色んな食感が楽しめますね。

     私はあまりつけ麺は食べないのですが、こちらのは美味しいのでまた食べてみたいと思います…が、しかし…カウンターだけの店内はあまりにも狭くて、隣席との間隔が全く無いので食べ辛いんですよ。

     色んな方のブログでも「カウンター5席のみで窮屈…」と書かれてあるのを読みましたが、この日は更に1席追加されていて計6席になっていたんです。

     その為にずっと両脇を締めたまま食事をせねばならず、席を立つのも至難のワザでしたねぇ…

     そこらへんは店の都合もあるので致し方ない部分なんでしょうが、もう少し考慮して貰えると美味しいものを気持ちよく頂けて有り難いですけどね。

     美味しい出会いに期待して…
     ごちそう様でした♪

    CIMG6501-0001.JPG

    【つけ麺 上方屋五郎ヱ門】
    ◆住所
     〒530-0017
     大阪市北区角田町9-25
     新梅田食道街1F
    ◆TEL
     090-9873-5629
    ◆営業時間
     11:00〜22:45
    ◆定休日
     年中無休(年末年始を除く)
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     完全禁煙

    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment










        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/267

        この記事に対するトラックバック