大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    南海飯店 船場店【マーボー丼】大阪市中央区@堺筋線・中央線/堺筋本町
    2009/05/26 00:35
    ※小さな画像をクリックすると画像が拡大されます。

    「おおさか遊ぶろぐ」でこの記事をチェック!

    人気ブログランキングへ[クリック]
    ↑こちらに参加していますので、1日1回クリックしてランキングアップへの応援ヨロシクお願いします。
     
     堺筋線・中央線/堺筋本町駅[8号出口]から徒歩約2分

    南海飯店 船場店

    でランチです。

    ◆訪店 5/25(月)
     13:09〜13:18



     食い倒れの街・大阪には駅前ビルをはじめ新梅田食道街や天神橋筋商店街のように、安くて美味しい店が集中している場所があちらこちらにありますが、こちらのある船場センタービルもそんなスポットの一つなんですよ。

     1000社近い繊維卸会社を中心に、1号館から10号館まで約1kmにわたって東西に連なる巨大なショッピングセンターの、4号館にこちらはありまして9号館には本町店があるんです。

     壁が無くショーケースやサンプルを並べたテーブルだけで通路と仕切られた店構えは、本場中国の裏路地中華と言った感じで女性の方は入りにくさを感じるかも知れませんね(笑)

     店頭のサンプルを見て中華風牛丼と激しく迷いましたが

    マーボー丼(大) ¥700

    CIMG1058-0001.JPG

     ちなみに普通サイズは550円でして、いずれにもスープが付いてきます。

     マーボー丼には挽き肉・豆腐・小海老の餡がタップリとかかっていて、そして何故か紅生姜が添えられています(謎)



     肝心の味ですが辛さは全くと言って良いほど感じられず、かと言って甘い訳でも無くとにかく濃いんです…(^o^;)

     決してマズくは無いのですが、これまでの麻婆経験には無い小海老の食感と紅生姜の味で、ともすれば食べているのがマーボー丼だと言う事を忘れてしまいそうになりますね。



     しめじと溶き玉子のスープにはトロミがついていて私好みです…なんですが…これもけっこう濃いですね〜(^_^;)



     濃い味が好きな私には丼もスープも美味しいと思える範疇ですが、薄味好きの方には塩っ気が強いかも知れませんね。

     全ての丼ものは150円アップにすると大盛りもしくはミニラーメンとのセットに出来るので、次回は中華風牛丼とミニラーメンのセットにトライしてみたいです。

     美味しい出会いに期待して…
     ごちそう様でした♪



     最後までご覧いただき有り難うございました。

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
    ↑こちらにも参加していますので、1日1回クリックしてランキングアップへの応援ヨロシクお願いします。

    【南海飯店 船場店】
    ◆住所[地図]
     〒541-0055
     大阪市中央区船場中央1-2
     船場センタービル4号館B201
    ◆TEL
     06-6261-2643
    ◆営業時間
     月〜金曜
     11:30〜14:30
     17:00〜22:00
     土曜
     11:30〜15:00
    ◆定休日
     日曜・祝日
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし
    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment










        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/461

        この記事に対するトラックバック