大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    うなぎの双葉【サービス丼】尼崎市@阪神/尼崎
    2009/09/12 22:19
    ※小さな画像をクリックすると画像が拡大されます。

    人気ブログランキングへ[クリック]
    こちらに参加していますので、1日1回クリックして応援ヨロシクお願いします。

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
    こちらにも参加していますので、同じように応援お願いします。

     阪神/尼崎駅[北出口]から徒歩約6分

    うなぎの双葉

    でランチです。

    ◆訪店 9/8(火)
     11:29〜11:38



     9月8日頃というのは二十四節気での白露にあたり、この頃から気温が下がり木々に露がつくようになるんだとか…

     確かに朝晩は暑さが和らいだとは言え日中はまだまだ暑い日が続いているので、こんな時に夏の疲れがドッと出てしまうんですよね。

     本当なら7月19日と31日の土用の丑にビタミン群が豊富なウナギを食べて夏バテに備えたいところでしたが、しがない福祉職員にはウナギはやはり高級品でして…なかなかおいそれとは…(笑)

     そんな時に私たち庶民の味方になってくれるという鰻屋があるらしい…との情報を基に訪れたのがこちらなんです。

     角地に建っているこちら…通りに面した看板が何ともユニークで人目を引きますねぇ〜(笑)



     看板を見ると一番高いうな重は2100円もするんですか!?
     (☆o☆)タッケー!!



     でも私のお目当ての看板もちゃんと出されていましたよ(笑)



     先客の無い15席ほどのコの字型カウンターの奥の方に座らせてもらい

    サービス丼 ¥800



     なんと800円なのに2切れで半匹分ほどの蒲焼きに、更にきも吸いと漬物まで付いてくるんですよ!

     こちらでは白焼きのあと蒸しを入れずに炭火で丁寧に脂を落としながら焼き上げる、一般的に関西風地焼きと呼ばれる方法で蒲焼きにされているそうです。

     ふっくらと焼きあがったそのウナギは、皮目はパリッとそして身はふわふわでジューシーに仕上がっていますよ。

     やゃ甘めながらサッパリしたタレとの相性も良くて本当に美味しいです。



     ふくよか且つ上品な味のお吸い物が、ウナギの脂とタレでねっとりとした口の中をサッパリとさせてくれますね。



     栄養豊富な肝もしっかり入ってますよ。



     カウンター上には山椒やタレが置いてあるので、お好みで味に変化をつけられます。



     私…この甘辛い蒲焼きのタレが大好きなので、ご飯だけでもお代わり出来たらタレだけで何杯でも頂けるのになぁ〜(笑)

     ボリューム的にガッツリ系な人には物足りなさを感じるかも知れませんが、何と言っても800円でうな丼と肝吸いが頂けるのですから、これは素晴らしいコスパと言わざるをえないでしょ〜

     他の主なメニューはこんな感じになってます。

    ◆一品[画像]
    ◆うな丼[画像]
    ◆定食[画像]

     美味しい出会いに感謝して…
     ごちそう様でした♪



    【うなぎの双葉】
    ◆住所[地図]
     〒660-0883
     尼崎市神田北通3-39
    ◆TEL
     06-6411-2880
    ◆営業時間
     11:00〜14:45
     16:00〜20:45
    ◆定休日
     木曜日
     (祝・祝前日を除く)
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし
    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        ワタシなんか新甲子園商店街、さんぺいたの490円ばっかりですよ。
        2009/09/12 22:52 by nr

        nrさん

         私もさんぺいたに行ってみたいのですが車だと停める場所に困るし、今津や戸崎町から自転車だとこの時期はまだ汗だくになりますし…(笑)

         もっと涼しくなったら自転車で伺ってみたいと思います♪

        2009/09/12 23:03 by Kawachi
        手軽な値段で食べれて良いですよね♪
        鰻丼て普通に食べたら千円越えますもんね…
        僕もたまに無性に鰻が食べたい時が有りますわ(笑)
        僕はラーメンだけは情報に敏感なんですよ〜(笑)
        太陽にほえろ、懐かしいですね(^^;)
        毎週観てましたよ♪
        2009/09/12 23:42 by はっしゃん
        こんばんは!

        中々美味そうなうなぎですねー。
        私は最近は北浜の
        「志津可」に行きましたよ。
        値段が上がった見たいやけど、
        中々美味しかったです!
        2009/09/13 02:17 by おやぶん
        これはコスパ高いですね〜!
        chihi、うなぎ・アナゴ大好きやけど最近全然食べてない(泣)

        アナゴといえば、淡路島の「あさじ」のお持ち帰り焼きアナゴが超ウマです!
        2009/09/13 17:57 by chihi

        はっしゃんさん

         そぉですよね〜これぐらいリーズナブルに頂ける鰻丼って、私は他に天満の天五屋ぐらいしか知りませんよ。

         ラーメン情報はヤッパリ好きだから敏感になってるんですね♪
         それにしてもエリアの広さと情報のレアさにはいつも感心させられますよ!
         ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

         太陽にほえろを毎週見ておられたと言う事は私と同年代なんですね♪

        2009/09/13 18:18 by Kawachi

        おやぶんさん

         北浜にも安くて美味しい鰻丼を食べさせてくれる店があるんですか!?
         「志津可」ってお店ですね…覚えておきます!

         北浜は私にとっては全く手付かずの未開拓地なので、おやぶんさんのブログから情報をどんどん頂きますね(笑)

        2009/09/13 18:24 by Kawachi

        chihiさん

         そぉでしたね♪chihiさんも確か長いもの系が大好きでしたよね!

         私もウナギはもちろんのこと、アナゴの天ぷらや鱧しゃぶなんか大好きですよ!

         淡路島にそんなに美味しいお店があるんですか?

         高速道路が安くなった今なら日帰りでも十分に行って帰って来れるので狙い目ですね…って、ETC付けてなかった…
         ヾ(≧∇≦*)ゝ

        2009/09/13 18:32 by Kawachi
        以前教えて戴いた
        『昼ご飯晩ご飯、楽』も四万十川のうなぎで美味しかったんですが、こちらも美味しそうですね〜。
        土用の丑とか関係無く年がら年中うなぎ大好き♪
        あんまり尼崎に行く事は無いんですが駅の近くならわかりやすいですね。
        是非行ってみたいです♪
        2009/09/14 13:15 by テオテオ

        テオテオさん

         私も土用の丑に関係なくウナギを食べられたら幸せなんですけど、やっぱり高価な割にお腹が膨れないのがネックになってまして…(^_^;)

         もっと年を重ねて食が細くなったら手軽に食べるようになるんでしょうが、今はまだ食事=エネルギー源なので質より量を優先させてしまいますね。
         ヾ(≧∇≦*)ゝ

         でもこちらの800円は本当に値打ちあると思いますので、お近くに行かれた時には是非ともどうぞ♪
        2009/09/14 23:00 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/577

        この記事に対するトラックバック