大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    醤油らーめん専門 金久右衛門【なにわブラック】大阪市東成区@中央線/深江橋
    2009/12/03 23:28
    ※小さな画像をクリックすると画像が拡大されます。

    人気ブログランキングへ[クリック]
    こちらに参加していますので、1日1回クリックして応援ヨロシクお願いします。

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
    こちらにも参加していますので、同じように応援お願いします。

     中央線/深江橋駅[4号出口]から徒歩約6分

    醤油らーめん専門 金久右衛門

    でランチです。

    ◆訪店 11/7(土)
     14:17〜14:38



     こちらは2年前に「関西一週間」の企画“第4回ラーメン大賞2007醤油部門”でグランプリに輝いたお店でして、ネットへも頻繁に露出している超有名店なんです。

     自宅のある新石切から西宮までの通勤線上にあるにも関わらず、途中下車が邪魔くさくて今年の3月に大阪ブラック[リンク]を頂いて以来まだ3度目の訪店に止まってるんです(汗)

     この日は有給休暇を取っていたので自宅から20分ほど車を飛ばしてやって来れましたよ。

     店の存在を示す看板なども何も無くまるで隠れ家のようなお店ですが、営業中を表す一升瓶が出されているのを確認していざ突入です。



     14時台ともなると待ち客こそありませんが、それでも奥の座敷を含め8〜9名の先客があるのはさすがに人気店ですねぇ〜(☆o☆)

     カウンターの空いた席に座りメニューを見てみると、たぶん前回には無かったはずの新メニューが…

    なにわブラック ¥750


     メニューの説明によると「大阪ブラックをベースに、カキの煮干やアサリの煮干など季節の貝の旨みを効かせ最上級の醤油ラーメンに仕上げた」と書かれてますね。

     ほどなくして供されたものが綺麗に澄んだスープだったのは想定外の驚きでした。



     店員さんの『真ん中の醤油ダレをよくかき混ぜてお召し上がり下さい』の言葉に従いよーく混ぜ合わせてみると、透明だったスープが見る見るうちに黒褐色に染まっていきます。

     その芳しい醤油の香り引き立つスープを啜ってみると、濃厚でいてカドが全く立っていない上品な醤油がフワッと広がったかと思うと、魚介類の…特に貝類の旨味がジワッと後追いしてきてメチャクチャ旨いんです。



     これは確かに大阪ブラックをバージョンアップさせて“自称全国レベルのラーメン!もうこれ以上の醤油ラーメンは作れません…たぶん。。。”と豪語するだけのことはありますね。

     ただかなり貝の風味に特化したあと味になっているので私みたいに貝が大好きな人間にはハマりますが、魚介類が苦手な人にはちょっとダメかも知れませんよ。

     自由に入れられるニンニクを投入すれば更に美味しくなるのは分かっていましたが、あとの予定があったので断腸の思いでガマンしました(涙)



     太麺か細麺を選べる麺は太麺でお願いしましたが、この巾広でモチモチした麺がスープをタップリ持ち上げてくれるので、口の中の麺とスープのバランスが丁度良い感じになるんです。



     細麺を食べていないので比較は出来ませんが、このスープには太麺の方が私は合っていると思います。

     透き通った脂身のチャーシューは肉自体の良さもさることながら、このスープにとてもマッチした味付けで本当に美味しいんです。



     このチャーシューを一本丸々炙ったものをワイルドに削ぎ切りにしながらビールを飲みたいものですねぇ〜(笑)

     そしてこの日の注文はこれだけじゃなく、醤油ラーメンと共に“なにわ最強”と自ら謳っておられる

    肉汁ギョーザ(1人前6ヶ) ¥250×2


     モチモチの皮にパリッと焼き目がつけられていて、パクッと頬張るとジューシーな肉汁が溢れ出てくる優等生のような餃子です。

     フードコラムニストの門上武司にも絶賛されたらしいですが、単品でビールを飲みながらつっつくと最高でしょうね。



     ただやっぱりラーメンの美味しさが際立っているので、サイドメニューとして組み合わせて頂くと存在感が薄くなる感は否めないかな…美味しい餃子であるには違いないですけどね。

     メニューはこんな感じになってます。

    ◆サイドメニュー[画像]
    ◆ラーメン[画像]
    ◆トッピング[画像]

     美味しい出会いに感謝して…
     ごちそう様でした♪



    【醤油らーめん専門 金久右衛門】
    ◆住所[地図]
     〒537-0001
     大阪市東成区深江北3-2-8
    ◆TEL
     06-6975-8018
    ◆営業時間
     月〜金曜日
     11:00〜14:00
     木・金曜日
     18:00〜21:00
     土曜日
     11:00〜16:00
     (但し何れもスープが無くなり次第終了)
    ◆定休日
     日曜日・月火水の夜
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし
    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        右となりのラブホを目印に行ってますわ(笑)
        僕も太麺の方が合ってると思いますよ。
        平打ちですし(^^;)
        肉汁餃子って、あれで1人前ですか?
        食べた事無いんで、次は食べてみます。
        2009/12/04 09:19 by はっしゃん

        はっしゃんさん

         不覚にも車で行った今回は一度店の前をスルーしてしまったので、ラブホ目指して…それが一番堅いかも知れませんね(笑)

         こちらの平打ち太麺を食べてしまうと、なかなか次に細麺にトライする勇気が湧かないですよね。

         肉汁ギョーザは2人前でした…書くのを忘れていたので追記させて頂きました。
         ご指摘ありがとうございます♪
        2009/12/04 09:35 by kawachi
        いいなー、いかれたんですね。
        私も最近ご無沙汰なんですよ。
        つけ麺をやられたり
        色々とチャレンジされてるんですが
        どれも食べれていません・・・
        久々に行きたいな!
        2009/12/04 21:41 by おやぶん

        おやぶんさん

         私もこちらのつけ麺には当たったことないんですよね。
         でも行く度に新しいメニューに出会えるので本当に楽しみになりますね。

         やはり美味しいものを食べるためには、途中下車を邪魔臭がっていてはダメなんですねぇ〜

         おやぶんさんも是非!

        2009/12/07 12:01 by kawachi
        おひさしゅうございます。
        ここに行ってみたくてしかたなかったのです。
        大阪ブラックとなにわブラック一度は食べてみたいです。絶対食べます。
        あと時間的に食べれないのですが、弥七のラーメンも食べてみたいですね!
        またちょくちょく寄せていただきますね。
        これからも頑張ってください!
        2009/12/26 08:26 by やじきた

        やじきたさん

         お久しぶりです!お元気になさってますか?

         こちらの醤油ラーメンは何を頂いても本当に美味しいですよ。
         西宮からでもワザワザ伺われる価値は十分にあると思いますよ。

         弥七は私も狙っているのですが、やはり夜に営業されていないのとランチタイムの行列を覚悟しないといけないのがネックですよね。

        2009/12/26 21:27 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/611

        この記事に対するトラックバック