大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    らーめん あらうま堂 梅田一番街店【つけ麺】大阪市北区@御堂筋線/梅田
    2010/06/26 23:02

     御堂筋線/梅田駅から徒歩約3分

    らーめん あらうま堂 梅田一番街店

    でディナーです。

    ※小さな画像はクリックで拡大します。

    ◆訪店 6/22(火)
     18:58〜19:22



     恐らく加齢によるものだと思うのですが、ここのところ週2回の宿日直がとみにキツくなってきていまして…そこへ持ってきて朝の仕事始まりがこれまでよりも2時間ほど早い5時起床になって、心身共にヘロヘロになっているKawachiです…
    (≧ヘ≦)チカレタビィ〜(爆)

     そんな訳でなかなか食べ歩きも出来ていないのですが、この日は乗換駅の梅田から程近いコチラで夕食を食べて帰りましたよ。

     コチラは以前に伺った《つけ麺 上方屋 五郎ヱ門》[リンク]や《おちゃらん屋》[リンク]と同じく熊五郎系列のお店でして、ウォーカープラスのラーメンランキング2008で大阪1位に輝いた事もある人気店なんです。

     1年半ぐらい前に訪れた時に頂いた担々麺も美味しかった記憶があるのですが、お願いしたのはやはり最近のマイブーム

    つけ麺 ¥850


     つけ麺は《おちゃらん屋》と同じく、麺とつけ汁のどちらも冷たい“ひやひや”と、麺は冷たくてつけ汁は熱い“ひやあつ”の2種類があるので“ひやあつ”で、そして麺量は1玉(160g)でも大盛(240g)でも同料金との事なので当然ながら大盛でお願いしました。

     そしてこれも《おちゃらん屋》と同じシステムでキムチとメンマが食べ放題なので、店の中ほどの大鉢に盛られているのを小皿に取り分け、それらをツマミながらつけ麺の提供を待ちます。



     メンマは少し柔らか過ぎるのでシコシコと歯応えのある方が好きな私にはイマイチでしたが、キムチは適度なピリ辛でなかなか旨いですね。

     後から考えるとつけ麺は茹でるのに時間がかかるので、この無料キムチでイッパイ飲りながら待てば良かったなぁ〜(笑)

     そんな事を考えながら10分ほど待っているとお待ちかねのつけ麺の登場です。

     麺の上にはほんのり甘い味つけ玉子と、ゴマ油の風味が食欲をそそる青菜?野沢菜?がトッピングされています。

     

     ピカピカと綺麗なツヤを放つ麺はモチっとした食感で、噛めば小麦の芳ばしい香りがスッと鼻に抜けていくようです。



     チュルっと喉越しも良くてなかなか美味しい麺ですよ。

     ただ16番手の切刃使用の「太麺」と謳ってはいるものの、更なる極太麺が持て囃されている昨今のつけ麺事情を考えると、もはや16番手ぐらいでは太麺とは呼べないのかも知れませんね(笑)

     ご存知の方も多いと思いますが、ラーメンの麺の番手とは30ミリの麺帯から何本の麺を切り出すかと言う事でして…例えば16番手なら30÷16=1.875となり、1本あたり1.875mm太さの麺となり、番手が小さいほど太い麺に、番手が大きいほど細い麺になるんです。

     一般的に太麺が特徴的な喜多方ラーメンは12〜14番手あたりを、細麺がウリの博多ラーメンは24〜28番手を使っていると言われていますね。

     話が横に逸れてしまいましたが…つけ汁は“ひやひや”では「あっさり和風醤油だれ」か「風味豊かな涼風ごまだれ」の2種類から選べるのですが、“ひやあつ”では「豚骨醤油だれ」のみとなっています。



     そのつけ汁のお味は豚骨のコッテリ感はあるものの濃厚と言うほどではなく、焦がし醤油の風味もどちらかと言うとしょっぱさに傾いてしまっている感じかな。

     表面に浮かんでいる魚粉も量が少なすぎてイマイチ効果を発揮していないような?

     短冊状のチャーシューがつけ汁の中にたくさん沈んでいますが、モソっとした感じの肉質と中途半端な味付けがチョット残念ですね。



     麺を食べ終えてから店員さんにスープ割りをお願いすると、一旦つけ汁の碗を厨房に引いたあと熱々のスープを注いで持ってきてくれます。



     熱いスープを注ぐことでもっと豚骨の臭いが際立つかと思いましたが、さほども臭いは立たずアッサリした豚骨スープになって戻ってきました(笑)

     全体的な印象として《おちゃらん屋》と同様に麺はなかなかイケてるんですけど、つけ汁にもうワンパンチ欲しいなぁ〜って感じですね。

     メニューはこんな感じになってます。

    ■メニュー[画像]
    ■メニュー[画像]
    ■メニュー[画像]
    ■メニュー[画像]

     美味しい出会いに期待して…ごちそう様でした♪



    ★地域別検索はこちら→[リンク]

    【過去ログ】
    ◆2008'12/22
     担々麺[リンク]


    人気ブログランキングへ[クリック]
     ブログランキングに参加していますので、1日1クリックして応援お願いしますね!

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     こちらのランキングも応援して頂ければ嬉しいです♪


    【らーめん あらうま堂 梅田一番街店】
    ◆住所[地図]
     〒530-0017
     大阪市北区角田町9-36
    ◆TEL
     06-6361-9056
    ◆営業時間
     11:00〜24:00
     (L.O.23:30)
    ◆定休日
     元旦のみ
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     なし
    ◆食べログ[リンク]

    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        夜勤は体調管理が大変なんで、くれぐれもご無理なさらんよう、お気を付け下さいよ。。

        熊五郎系のつけ麺はプライムハード使った麺は旨いと思うし好きなんですが、作り手で味が変わるのが辛いッスわ(;_;)
        しかし切り刃の番手なんて‥イタい系ラーメンブログ以外語らんでしょうよ(笑) ビックリしましたわ。
        2010/06/27 01:03 by はっしゃん

        はっしゃんさん

         ありがとうございます。

         夜勤なら明けとその翌日が休みになるからまだ良いんですけど、宿日直なもんで明けも夕方まで仕事して、翌日も朝からフツーに日勤なのが最近堪えてるんですわぁ〜(ToT)

         切り刃の番手は…実は今までそんなのがあるなんて事も知らなくて、あらうま堂のメニューを見て初めて知ったので、色んなサイトで調べたものを折角なんで載せてみたんですよ(笑)

         もしかしたらその中にイタいラーメンブログも含まれてたかも分かりませんが…(爆)

         プライムハード小麦も初耳なのでまた調べるみますね♪

         それにしても打ち手によって味が変わるのが分かるなんてさすがですね〜!

        2010/06/27 08:46 by Kawachi
        お疲れ様です。
        身体壊さないように気つけて下さいね。
        疲労の積み重ねは万病の元です。
        あらうま堂が熊五郎の系列と言うのはテレビで特集してて観ましたが、番手がどうとかわかりませんでした。
        糸と同じで番手で表すのですね。
        パンの事なら詳しく語れるのですが、同じ小麦でもラーメンは美味しく戴くだけで全くの無知です。
        あっ ドイツ、ゴールした!
        2010/06/27 23:21 by テオテオ

        テオテオさん

         ありがとうございます♪

         40歳を迎えた途端に体力的な衰えが著しくなったなぁ…と思ってたら、45歳になった今年は気力にも翳りを感じるようになりましたわ…ホント歳は取りたくないものですねぇ〜(^o^;)

         麺の番手は私も今回初めて気になったので調べてみたんですけど、色々分かってくると楽しいですね。

         またこれからパンの事も色々と教えて下さいね♪

        2010/06/28 23:32 by kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/770

        この記事に対するトラックバック