大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    モスバーガー 甲子園口店【イベリコ豚メンチカツバーガー】西宮市@JR/甲子園口
    2010/10/06 11:40

     JR/甲子園口駅から徒歩約2分

    モスバーガー 甲子園口店

    でランチです。

    ◆訪店 10/4(月)
     12:26〜12:50



    ※小さな画像はクリックで拡大します。


    人気ブログランキングへ[クリック]
     あなたの1日1クリックが励みになります!
     応援よろしくお願いします!

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     こちらのランキングも応援して頂ければ嬉しいです♪


     最近テレビで地域・期間限定の「モス日本全国うまいものめぐり!」というキャンペーンというCMを見て、話のネタに一度食べておこうと甲子園口駅の真ん前にあるコチラに伺いましたよ。

     中京・北陸・関西エリアで販売されているのは、ケンコバことケンドーコバヤシがCMの中で『モス、やるやないか!』『めっちゃうまいやないか!』と絶賛している

    イベリコ豚メンチカツバーガー ¥350
    Sポテトセット ¥320


     公式サイトによるとイベリコ豚メンチカツバーガーは、

    「スペイン産イベリコ豚の中でも最高峰と言われるベジョータを使用。 赤身や脂身の比率、ミンチのサイズなどにこだわり、モスオリジナルのウスターソースとキャベツを合わせています。」

    らしいですが、昔にスペイン料理のお店で頂いたイベリコ豚の生ハムがメチャクチャ美味しくて、そのイメージを持ったまま頂いたので『あれれ…?』って感じですね(^_^;)



     何だか思ったほどイベリコ豚のあの芳しい旨みが感じられず、ケンコバが

    『最高級「ベジョータ」のイベリコ豚を惜しげもなくメンチカツに…ようわからんけど、ゴージャスやないか!』

    『メンチカツ、ソース、マスタード、キャベツ、バンズの5点責めやないか!』

    『肉汁があふれ出すサクッとしたメンチカツ、こくのあるソース、ぴりっと辛いマスタード、シャキシャキのキャベツ、ふんわりしたバンズ…かじった瞬間に、すべてのうまさが同時におそってくる快感!…こ、これは…やめられへんやないか!!』

    『こう見えて…意外とさっぱり食べられるやないか!』

    『脂の旨みがつまったイベリコ豚には、この特製カツソースがぴったり。コクと酸味が効いてて、後味はさっぱり。心憎い演出やないか!』

    と、絶賛する程でもありませんでしたわ(爆)



     メニューは公式サイトをご覧になって下さいませ。

    ■公式サイト[リンク]

     美味しい出会いに期待して…ごちそう様でした♪

    ★地域別検索はこちら→[リンク]

    【モスバーガー 甲子園口店】
    ◆住所[地図]
     〒663-8113
     西宮市甲子園口2-2-3
    ◆TEL
     0798-65-0266
    ◆営業時間
     平日
     9:00〜1:00
     土日・祝日
     8:00〜1:00
    ◆定休日
     無休
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     全席禁煙


    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment










        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/866

        この記事に対するトラックバック