大阪〜西宮辺りが中心のB級グルメ食べある記と、安酒場の呑みある記です。

 ツイッターで記事の更新をお知らせしています。

「Kawachi1965」

http://twtr.jp/user/kawachi1965/status

 フェイスブックではブログ更新の他に、リアルタイムな情報を発信しています。

 良かったら友達申請してくださいね♪

facebook.com/yoshiki.sako

 直メは下記アドレスにお願いします。

kawachi1965@hotmail.co.jp


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
子猫時計
Entry
Comment
相互リンク
Categories
Archives
Link
食べログ
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
Others


スポンサーサイト
2016/03/10

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    A LA MAISON JEAN-PAUL【お料理コース】西宮市@JR/甲子園口
    2010/12/08 14:37

     JR/甲子園口駅から徒歩約9分

    A LA MAISON JEAN-PAUL(ア ラ メゾン ジャンポール)

    でランチです。

    ◆訪店 12/6(月)
     12:18〜13:30



    ※小さな画像はクリックで拡大します。


    人気ブログランキングへ[クリック]
     あなたの1日1クリックが励みになります!
     応援よろしくお願いします!

    にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ[クリック]
     こちらのランキングも応援して頂ければ嬉しいです♪


     今年の9月1日に出来たばかりのコチラへ、同僚と一緒に宿直明けのランチに伺ってみましたよ。

     何でもオーナーシェフのジャン・ポール・ヴァレさんは、元々は加工職人としてハムやソーセージやパテ等を西宮浜の自社工場で製造販売をしていたり、百貨店などでお馴染みの惣菜店「RF1ロックフィールド」で技術の伝承などに携わったりしていた有名な方みたいですね。

     お店は以前「於巣路」という名の喫茶店だったかな?の重厚な外観をそのまま使っているようです。

     店頭には本日のランチコースが書かれています。



     店内に足を踏み入れると、テーブル席のほとんどは西宮マダムたちで埋め尽くされていて、空いていると思しき席も予約されてるようで、私たちはカウンターに案内されました。

     まぁそのおかげでジャン・ポール・ヴァレさんかな?が、ガレットを焼く様子をつぶさに見て取れ、お話もして頂けましたけどね。

     さてさて肝心の注文ですが、前菜・コース共に2種類ずつあるので、2人で別々のものを頼んで色々な味を楽しむことにしました。

     そんなワケで取りあえず私がお願いしたのは

    お料理コース ¥1500


     この日のメニューは骨付豚肉のやわらか煮-レンズ豆添え-ですね。

     まず初めに前菜の“サーモンのマリネ-ギリシャ風野菜のマリネ添え-”が運ばれました。



     とても優しくて淡い感じの酸味が、ネットリと柔らかいサーモンの甘さを引き立てていて実に美味しいですね。

     サーモンの下に隠れている野菜もサッパリしていて、この前菜だけで西宮マダムたちが大挙して押しかけている理由が分かったような気がしましたわ(笑)



     同僚が頼んだ“かぶのクリームスープ”も、滑らかな口当たりとシッカリ抽出された野菜の甘さや旨みが本当に驚きの旨さです。



     メインの豚肉はナイフが無くても骨からポロッと外れるぐらいに柔らかで、口の中でもホロホロと自然に崩れていくほどなんですよ。



     添えられたレンズ豆や粒マスタードと共に頂きますが、香ばしい肉の旨みや豆の甘さが渾然一体となって何ともふくよかな味わいになりますね。



     同僚が頼んだガレットコースのガレットは“ソーセージ・玉子とキノコのホワイトソース”です。

     私はガレットなるものを今まで食した事がありませんでしたが、元々はフランスのブルターニュ地方の家庭料理だそうですね。

     そば粉を使った甘くない料理クレープと言う事も初耳でしたが、カリッと焼けた外側の香ばしさとモチッとした内側の食感が絶妙ですね〜

     その生地にソーセージや玉子、それにチーズなどの旨み食材が相俟って、いくらでも食べられそうなぐらい美味しかったですよ。



     食後にはコーヒーか紅茶が付いているのでホットコーヒーをお願いしました。

     このコーヒーもまた香り豊かで、美味しい料理の余韻に浸るのに十分でしたよ。



     そしてカップ皿にちょこっと添えられたお菓子。

     小麦粉にバターや砂糖などを混ぜて焼いたものだそですが、こんな所にまで気配りをされているなんて完全に脱帽でした。



     お店の雰囲気もスゴク落ち着く感じで、私たちより先に入っていたマダムたちのほとんどが、私たちよりも長居していたのも頷けましたね。

     ちょっとリッチな気分に浸りながら、ハイレベルな料理に舌鼓を打ちたい時に、これからも重宝する素晴らしいお店の発見でした。

     美味しい出会いに感謝して…ごちそう様でした♪



    ★地域別検索はこちら→[リンク]

    【A LA MAISON JEAN-PAUL】
    ◆住所
    [地図]
     〒663-8113
     西宮市甲子園口3-29-10
    ◆TEL
     0798-64-7719
    ◆営業時間
     11:30〜14:00(L.O)
     17:30〜22:00
     (L.O.21:30)
    ◆定休日
     水曜日
    ◆駐車場
     なし
    ◆禁煙席の有無
     全席禁煙
    ◆ホットペッパー
    [リンク]
    ◆食べログ[リンク]

    0

      スポンサーサイト
      2016/03/10
      0

        Comment

        喫茶店だったんですよね?
        こんなお店になっているんですか?
        全然ノーマークでした!
        というより、記事を見せてもらってもまだわからなかったぐらいです!
        2010/12/08 22:09 by やじきた

        やじきたさん

         実は私もネットで知るまで前の喫茶店が潰れてから全くノーマークだったんですよ(笑)

         洋食好きのやじきたさんのお眼鏡にもきっと叶うと思いますので、一度ぜひ伺ってみて下さいな♪

        2010/12/10 11:16 by Kawachi









        この記事のトラックバックURL

        http://adgjmptw1965.jugem.jp/trackback/913

        この記事に対するトラックバック